他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コウリンカ(静岡県) | トップページ | タカネバラとミヤマハンショウヅル(富士山) »

ラン科ツレサギソウ属の花

一人歩きの多い私は、この手の花が良く分かりません。亜高山帯に生える緑色の野生ランは、どれもキソチドリだと思っていました。

針葉樹林の林床に生えるもの・・。

Tkp7021382 Tkp7021379

これはキソチドリで良いのでしょうか?→キソチドリだそうです。

そして、日当りの良い草むらに生えるもの・・。

Tkp7081833 Tkp7081835 Tkp7081982

少し黄緑色で、緑の中でも目に付きます。

Tkp7081836 Tkp7081837

距が長いですね。

Tkp7081840 Tkp7081841

一番上の花と比べると、こちらの方がスリムで花粉塊の付き方も違うように見えます。これは何でしょう?→ホソバノキソチドリ

そしてもう一つ、名前の分からない野生ランです。

こちらは、上の野生ランよりも標高の低い所に生えています。

Tkimg_7367 Tkimg_9362 Tkimg_9365

オオヤマサギソウかオオバナオオヤマサギソウではないかと思っているのですが・・。→オオバナオオヤマサギソウ

Hさん、名前を教えて頂き有難うございました。また宜しくお願いいたします。

この場所には、昨年まで沢山の株が生えていました。ところが、今春確認したところ数が減っていました。ずっと気にして見ていた斑入り葉の個体まで・・。

そして、右の二枚の写真を撮りに行った時には、更に数が減っていました。今まで見ていた大きな株はこれ一本だけしか見当たりませんでした。現地の状況から、シカの食害ではなく、採取されたものだと思います。

やるせない思いで、帰路につきました。

関係官庁さん、私のように植物の観察をして歩く者に、「植物採取禁止」などの腕章を預けてくれませんか?口で注意しなくても、結構効果があるのではないかと思います。

« コウリンカ(静岡県) | トップページ | タカネバラとミヤマハンショウヅル(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63921687

この記事へのトラックバック一覧です: ラン科ツレサギソウ属の花:

« コウリンカ(静岡県) | トップページ | タカネバラとミヤマハンショウヅル(富士山) »