他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クリンソウ(長野県) | トップページ | コハクランの蕾 »

釜無ホテイアツモリソウ(長野県)

自らの探索で、希少植物と出会った時は、何ものにも代えがたい感動(喜び)があります。

でも、いくら頑張って探索しても、出会えないものもあります。そういう時は、よその庭の花を見させてもらうしかありません。一昨年、丸二日かけて、かつてこの野生ランが自生していたというエリアを探索してみました。ところが、その片鱗も見つける事が出来ませんでした。

と言う訳で、この花が見たくて長野県へ向かいました。

Ngimg_7827 Ngimg_7832

管理エリアに咲いていた釜無ホテイアツモリソウです。今年は天候不順で、例年より開花株が少ないそうです。

「せっかく来たのに、なんか元気がない・・。」でも、初めてこの地を訪れた私に、山の神様が囁いてくれました。その言葉に誘われて、別の場所へ向かいました。

Ngimg_7953 Ngimg_8295

「あっ、咲いている!」こちらはずっと元気そうです。

Ngimg_7988

正面顔・・。

Ngimg_7968 Ngimg_7983

横顔に斜め顔。

「釜無ホテイアツモリソウは、南アルプス山系釜無山や入笠山に自生し、大輪で暗濃紅色、唇弁は顎が突き出したような受け咲きで咲くのが特徴」だそうです。

気を使いながら、よその庭の花を見るのは苦手です。でも、ここに咲く花は、誰でも気遣いなしに見る事が出来ます。また行ってみたい庭です。

« クリンソウ(長野県) | トップページ | コハクランの蕾 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、お早うございます。
長野でも、比較的近い方なので思い切って行ってみました。
Webでの情報しかなくて、見られるか心配でしたが・・。
アツモリソウは、富士山の周辺や愛鷹山にもかつてあったのですが、いくら探索しても出会えません。
ブログの場所では、地域住民も参加して保護活動を行っているそうです。
「昔のように、町内で手軽に見られる普通のお花に戻すことを目指しています。」
一部の人しか見る事が出来ないのではなく、保護活動の最終目標がこれだというのも気に入りました。
また行ってみたいと思っています。
クリンソウも上手く撮れませんでしたが、彼方此方に咲いていて感動しました。
こういう場所は、何時までも大切にしていきたいですね。

こんにちは~。

やまぶどうさんは釜無ホテイアツモリソウやクリンソウを求めて
長野まで行かれたんですか?スゴイですねぇ・・・。

釜無ホテイアツモリソウは初めて知りました。
妙高高原にも以前はアツモリソウが沢山あったそうですが
盗掘にあって、その数が激減してしまったそうで・・・down
今は・・・個人の方がせっせと増やしているそうです。

妙高市には「市民大学講座」と
 “妙高はねうまカレッジ「まなびの杜」” という講座があります。
一昨日その中の自然コースに参加してきました。

↓ クリンソウもたくさん咲いていましたよ。
今年は山も里も雪が少なかったのですが
そのせいかどうか・・・クリンソウがたくさん咲いたそうです。
あんなに沢山見たのは初めてでした。
美しいですよね~heart04heart04heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63802233

この記事へのトラックバック一覧です: 釜無ホテイアツモリソウ(長野県):

« クリンソウ(長野県) | トップページ | コハクランの蕾 »