他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(6月下旬) | トップページ | ベニバナイチヤクソウと萌 »

オニク(富士山)

オニク・・初めて名前を聞いたのは、もう何十年か前の事です。その後、亜高山帯を探索するようになってから、ミヤマハンノキの生える場所を、彼方此方探してみましたが出会う事は出来ませんでした。

それが、昨年秋、富士山に年内のお別れをしようと訪れた場所で、偶然出会いました。もちろん、ドライフラワーになっていましたので、今年は花の時期に見たいと思っていました。図鑑によると、開花時期は、7月上旬~8月上旬となっていましす。私はまだAll sundayではありませんので、行ける時に行かないと見逃してしまいます。

そろそろ頭を出すはずだと思い、植物に興味の無い家族をダイエットのためだと連れ出して、見に行って来ました。GPSに登録した辺りを、ワクワクしながら探すと・・。

Oimg_8794

あった!頭が出ている!

Oimg_8800 Op6261179

デジイチ+望遠マクロ(左)とコンデジTG-4+FD-1(右)で撮ってみました。

ドライフラワーは沢山あるのに、たった1本だけかと思ったのですが・・。

P6261180

良く見ると、この写真には、3本写っていました。

この様子だと、花が開くのはもう少し先かな?伸びていたのは①だけでしたから、他に生えていても②③くらいの状態だと思います。7月半ばから下旬くらいまでが見頃でしょうか?

Op6261197

オニクは、ミヤマハンノキなどの根に寄生するそうです。

手元の図鑑には「一年草」と載っています。でも、腐生植物や寄生植物などを観察していると、1年で発芽してここまで成長し花が咲くと言うのは、素人ながらも疑問でした。

ところが、最近読んだ図鑑には「1回結実性」という言葉が載っていました。調べてみると、「発芽して成長するまでに何年かかかり、最後に開花して結実し枯れる」植物の事だそうです。オニクは、一年草ではなく多年草と言う事になります。

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(6月下旬) | トップページ | ベニバナイチヤクソウと萌 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63833269

この記事へのトラックバック一覧です: オニク(富士山):

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験(6月下旬) | トップページ | ベニバナイチヤクソウと萌 »