他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« フタバアオイ(富士山麓) | トップページ | ユメチドリ »

コアツモリソウ無班花(富士山)

野生ラン探索隊の隊長と、もう一つの自生地へコアツモリソウの花を見に行ってきました。この場所は、前記事の場所より標高が高い上に、日照も悪いので開花が遅れています。

開花している株を探して、彼方此方見て回りました。すると、隊長が「これ、白花では?」

Bimg_6669 Bimg_6665 Bimg_6704

確かに、唇弁にある暗紅紫色の条班がありません。初めて見る無班花です。

Bimg_6674

俯いた顔を覗いてみました。

Bimg_6675 Bimg_6680

反則技を使って撮りました。横顔も面白いですね。ツッパリ・ヘアーのようです(若い人は分からないですね)。

Bimg_6720f Bimg_6720 Bimg_6720a

ストロボ無しの方が、自然な色に写ります。淡い緑色・・という表現が一番合っていると思います。

コンデジTG-4でも撮ってみました。

Bp6060187w Bp6060187x Bp6060184k

まだ開花して間もない花のようです。雄蕊の葯や鼻のような柱頭が、上萼片に隠れて見えません。

Bp6060164 Bp6060171
Bp6060196 Bp6060211

同じような写真を何枚も撮りました。でも、上手く撮れない・・。素人カメラマンは、毎回もどかしい気持ちで写真整理をしています。

少しでも上手く撮れるようにと思い、TG-4のマクロ撮影用フラッシュディフューザーを注文していたのですが、届いたのは本日でした。残念!

« フタバアオイ(富士山麓) | トップページ | ユメチドリ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

うーさん、今晩は。
この場所は、咲いている株が少なかったので彼方此方探しました。
そのおかげで出会えたと思います。
もう二度と出会えないかと思い、何枚も撮りましたが、雨降りの後のようでなかなか上手く撮れませんでした。
うーさんは、いろいろ珍しい植物に出会っているようですね。
羨ましいです。

お早う御座います

今年は北麓の林道側で小敦盛草を4〜5箇所新たに見つかりました。
シロバナ初めての観ました
来年はもっとしっかり観たいと思います

今年シロバナを観る機会が多いです
ミノコバイモ、カイコバイモ、フデリンドウ、ホテイラン、ムラサキケマン
カモメラン

久様、お早うございます。
この自生地は、車から降りて比較的平坦な道を歩きます。
その場所には群生していますが、少し離れると姿が見えません。

隊長(お姉さんです)と私の二人だけの探索隊ですが、歩ける内に出来るだけ範囲を広げようと思っています。
二人の会話では、時々久さんのHPやBLOGが話題になります。
他の方のWeb図鑑にはない視点のコメントが、とても参考になります。

さすが、本場には変わったものもありますね。
四国には、一か所だけコアツモリソウがあり、3回ほど写真を撮りに登りました。四国でもっとも険しい山の中腹にありますが、80歳になった私はもう登れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63745583

この記事へのトラックバック一覧です: コアツモリソウ無班花(富士山):

« フタバアオイ(富士山麓) | トップページ | ユメチドリ »