他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ユメチドリ | トップページ | 最近出会ったキノコ(富士山) »

サカネラン(富士山)

隊長との野生ラン探索で、GPSを頼りに行きと帰りのルートを変えてみました。そして、もう少しで車に戻ろうとしたところで、嬉しい出会いがありました。時間は16時頃でした。

Simg_6932a Simg_6924 Simg_6931

ここ数年出会っていなかったサカネランです。一番右は、ドライフラワーになっていました。昨年の果実でしょうか?

Simg_6940a Simg_6943a Ssp6060341

左と中は、デジイチのモードを変えて、右はコンデジで撮ってみました。

Simg_6922 Simg_6948a

デジイチで接写。人形のような花ですね。

サカネランにはいろいろな仲間があるそうですが、探索範囲の限られている私は、まだこのサカネランしか見たことがありません。

隣の神奈川県には、タンザワサカネランが生えるそうです。私は、その発見者をつい最近知りました。なんと、ヤツシロラン実生栽培実験における私の師匠でした。まだ直接お会いした事はありませんが・・。

この日は、コアツモリソウの無(条)班花とサカネランに出会う事が出来ました。望んでも、簡単に出会えるものではありません。山の神様、いつも有難う!

« ユメチドリ | トップページ | 最近出会ったキノコ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

久様、今晩は。
私も、ランハンドブックを見て驚きました。
素人目には、今迄の区分で良かったのでは?なんて思ってしまいました。
強いて言えば、人形のような花の形が似ているものもありますが・・。
二番目のハンドブック・・発売が何時になるかまだ分からないそうです。
とても待ち遠しいですね。
タンザワサカネランの学名、ご存知の方ばかりではありませんか?

サカネラン、いいですね。
これは四国にはありませんが、サカネラン属としては、ヒメフタバランやアオフタバラン、コフタバラン、ミヤマフタバランの4種が自生しています。これらは、フタバラン属とされていましたが、DNA解析の結果、サカネランと同じ属にされました。似たところがないように思いますが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63749858

この記事へのトラックバック一覧です: サカネラン(富士山):

« ユメチドリ | トップページ | 最近出会ったキノコ(富士山) »