他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« サカネラン(富士山) | トップページ | コアツモリ探索で出会った野生ラン(富士山) »

最近出会ったキノコ(富士山)

冬から早春の頃は、乾燥キノコばかりでしたが、柔らかいキノコも姿を現して来ました。5月下旬から6月上旬に出会ったキノコを集めてみました。

Kimg_6885 Kimg_6778

苔むす林内に生えていたキノコです。こういうキノコも難しい・・。

Kimg_6592 Kimg_6598

こちらも・・。良く見ると軸に捻じれがあり、傘にはチョコレートを浸けたようなキノコです。

Kimg_6782 Kimg_6785

こちらは独特の臭いがする、スッポンダケの仲間です。倒れたものも含めて5~6本ありました。これは、キイロスッポンダケかな?

実は、一度だけスッポンダケを食べた事があります。臭気の塊のような傘の部分を取り、茎のところを幾度も洗って、中華スープで食べました。しっかり洗ったのですが、頭の中に記憶されている臭気が消えませんでした。味?中華スープの味でしたcoldsweats01

Kimg_6632 Kimg_6809

左はウスタケの仲間かな?右のキノコは、発生してから時間が経つと傘の裾が捲れ上がって来るようです。

Kimg_6860 Kimg_6954

左は時々見かけるキノコです。右は、袋のようになっています。ホコリタケの仲間でしょうか?

何かの本で、「アミガサタケは炭焼き跡に生える」と呼んだ事があります。

Img_6219

この炭焼き跡には3本生えていました。

Kimg_6213 Kimg_6217

こちら・・。

Kimg_6630 Kimg_6859

別の草原でも見つけました。ススキの生えるこの場所には、もしかしたらアツモリソウかコケイランが生えているかと淡い期待をしながら探しました。

何時もながら、名前の分からないキノコばかりで恐縮です。今年は幾つ覚える事が出来るだろうか・・。

« サカネラン(富士山) | トップページ | コアツモリ探索で出会った野生ラン(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63754477

この記事へのトラックバック一覧です: 最近出会ったキノコ(富士山):

« サカネラン(富士山) | トップページ | コアツモリ探索で出会った野生ラン(富士山) »