他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 甲斐犬姉弟 | トップページ | 北麓探索① »

タカネフタバランとアオフタバラン(富士山)

花の写真はまだですが、最近タカネフタバランとアオフタバランに出会いましたので、掲載します。

【タカネフタバラン】

Top5140043 Top5140046

標高1,700mくらいのところに生えていました。私が知る限りでは、同じく亜高山帯の針葉樹林に生えるコフタバランミヤマフタバランよりも、低いところに生ええています。

To143 Top5140059

双葉全体が丸みを帯びています。

To167

横顔・・。

【アオフタバラン】

Toimg_6411 Toimg_6409

このアオフタバランは、コアツモリを見に行った時に見付けました。昼までの帰宅を目標にしていたのですが、視線の先が気になり、少しだけ寄り道しました。すると、そこにジガバチソウらしき葉と、このアオフタバランが生えていたのです。

嬉しい出会いは、いつもこんな調子です。この日も、山の神様に感謝です。

Top5280843 Top5280841

TG-4顕微鏡モードで、少しピント位置を変えて撮ってみました。花柄に細かい毛が生えています。葉の色は、上の写真の方が近いと思います。見た目のように撮るのは難しい・・。

Top5280840

こちらも、横顔・・。

ところで、このアオフタバランは、標高1,200mを超えた辺りに生えていました。近くでは、標高600~700m辺りにも生えています。本来の自生地はどちらだろうか?案外、広範囲の標高に生える野生ランかもしれません。

« 甲斐犬姉弟 | トップページ | 北麓探索① »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63711441

この記事へのトラックバック一覧です: タカネフタバランとアオフタバラン(富士山):

« 甲斐犬姉弟 | トップページ | 北麓探索① »