他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 箱根で出会った植物 | トップページ | ギンリョウソウ(富士山) »

ムギランとカヤラン(富士市)

今日も暑い一日でした。午前中は法事、午後から庭の草取りをしました。ちょっと合間を見て、着生ランの様子見に行って来ました。
 
【ムギラン】
 
Otp1020728 Otp1020727
 
カヤの木に着生しているムギランです。
 
Otp1020724
 
ズームして見ると、蕾らしきものが確認出来ます。
そして・・。
 
Otp5200354
 
こちらは、鎮守の森で拾ったムギランです。 イヌマキに着生させています。上のほうが全体的にスリムな感じです。
弦のようなものはヨウラクランの花穂です。こちらは、我が家のシンボルツリー「八重枝垂れ桜」に着生したいたものを移植しました。
 
【カヤラン】
 
Otp1020706
 
花の時機を逃してしまいました。大きな株でしょ?
 
Otp1020702 Otp1020703
 
手持ちの高倍率ズームは、みんなピンボケ・・。
 
Otp1020707 Otp1020717
 
こちらは、風に揺られ手も頑張っている株です。ベニカヤランという種類があるそうです。ここに写っている株は、全体的に紅色ですが、Webで見たものとは違っています。厳しい環境で変色したものだと思います。
 
さて、明日は代休!何処へ行こうか・・。

« 箱根で出会った植物 | トップページ | ギンリョウソウ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

うーさん、お早うございます。
北麓の森・・:年2~3度訪れています。

ヒトツボクロの葉を初めて見た時、ホテイランが頭に浮かびました。
以前、富士山にも自生していたそうです。
きっと、どこかにひっそりと生えていると思い探索を続けています。

コアツモリとヒトツボクロの共存している、北麓の自生地を知っています。
もしかして、同じ場所だったりして・・。
昔は、その近くに、沢山のアツモリソウが自生していたそうです。
コアツモリは、南麓には自生していないようです。

おはようございます

いよいよ蘭の開花を楽しめる時期になりました
何時も珍しい蘭を拝見して愉しませて頂いてます

富士北麓の森に入ると、小敦盛草や一つ黒子など
新たな場所で育っているのを発見すると嬉しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63669460

この記事へのトラックバック一覧です: ムギランとカヤラン(富士市):

« 箱根で出会った植物 | トップページ | ギンリョウソウ(富士山) »