2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »

2016年5月27日 (金)

亜高山帯で出会った植物②(富士山)

今日は屋外で工事立ち合いでした。雨を心配していたのですが、霧雨くらいで無事作業が終わり、ホッとしています。

亜高山帯で、気になった植物の続きです。

Baimg_5733 Baimg_5784

カラマツの球果(マツボックリ)です。左はコメツガのように見えるかもしれませんが、枯れ枝についていました。コメツガの球果は、もっと小さくて可愛いです(写真を撮り忘れました)。

Baimg_5785 Baimg_5901

左はトウヒの球果で右は??

右は、たまに見かけるけど、何の球果か分かりませんでした。先輩から「虫こぶ」だと教えて頂き、Webで調べると、「エゾマツカサアブラムシ」の虫こぶのようです。「エゾマツやトウヒの枝端に形成される球果状の虫えい(虫こぶ)」と書かれていました。

Baimg_5798

富士山を歩いていると、こんな石を見かける事があります。もっと艶があれば、黒曜石だと思いますが・・。黒曜石は、流紋岩の仲間だそうです。

Baimg_5742 Bap5230522

イワカガミの仲間が生えていました。右の赤い葉は、コバノイチヤクソウの変色したものだと思います。

Baimg_6009

キケマン属の花が咲いていました。ミヤマキケマン?

ついでに、亜高山帯ではありませんが・・。

Baimg_6098 Bap5230679

茎の毛が開出毛ではなく曲がっているので、クワガタソウだと思います(開出毛ならヤマクワガタ)。

Ba5230677

ヤマウツボの花が終わり、果実が確認出来ました。

今日の記事は、作成中に消えてしまいましたので、Microsoft Edge(Win 10の標準プラウザ)ではなく、インターネットエクスプローラーを立ち上げて書きました。そして、幾つかの不具合が解消されました。Windows10は、この先不具合の更新が有料になるのだろうか?

« ムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »

植物観察」カテゴリの記事

岩石鉱物」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
Win 10は、いろいろな部分が早く、便利になっていると思います。
でも、今までのWindowsが不具合の更新を頻繁に行ったように、まだまだ問題点が多くあると思います。
ただ、「慣れるしかない」と思っています。
今は、無料ですが、いずれ有料になる時が来ると思います。

植物も気になりましたが
最後のブルー文字が気がかりです
まだ10煮はしていませんが・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜高山帯で出会った植物②(富士山):

« ムヨウラン(富士市) | トップページ | コアツモリソウ① »