他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キスミレ(朝霧) | トップページ | スミレいろいろ(朝霧) »

クロヤツシロラン実生栽培実験(その後)

花の季節が終り、根状器官が枯れて(萎れて)休眠していたクロヤツシロランが、活動を始めていました。

Kp4250016 Kp4250018

容器の彼方此方に、新たな根状器官が次々と伸びていました。第二ステージが始まっていたのです。

Kp4250008 Kp4250017

発芽当初は、足を広げたように直線状に伸びていた根状器官が、昆虫の触角のように伸びています(右)。

Kp4250019 Kp4250005

白い菌糸も所々に見えています。

Kp4250024 Kp4250020

横から見るとこんな状態です。トウヒの球果の中に菌糸が繁殖しているのだろうか?それとも、別に用意してあるスギの球果を補充した方が良いのだろうか?

もう少し様子見する事にしよう・・。

実生容器の入れてあるワーディアンケースの中に・・。

Kp4250026

こんな花が咲いていました。数年前に、ホームセンターの園芸コーナーで買ったムシトリスミレの仲間です。洋種かな?

« キスミレ(朝霧) | トップページ | スミレいろいろ(朝霧) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63536545

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロラン実生栽培実験(その後):

« キスミレ(朝霧) | トップページ | スミレいろいろ(朝霧) »