他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« キバナノアマナ(富士山南麓) | トップページ | キノコ(富士山南麓) »

アズマイチゲとユリワサビ(富士山南麓)

今日は、町内の清掃と畑の草刈りをしました。草刈りや草取りは、山歩きでは使わない筋肉を使うので、彼方此方痛い・・weep

昨日の昼前に行った富士山南麓は、時々晴れ間がのぞくも、殆ど曇りでした。でも、短い時間でしたが、良い気分転換になりました。

【アズマイチゲ】

キバナノアマナを見つけた辺りで、白い花が目に入りました。

Ba091 Ba096

「あれっ、アズマイチゲかな?」この辺りでは初めて見ました。しかも、花(蕾)の付いている株はホンの少しでした。残念ながら、花は開いておりませんでしたが・・。

Ba189t

私の狭い探索範囲では、このアズマイチゲも似た花を付けるキクザキイチゲもあまり見かけません。貴重な自生地です。

花弁のように見えるのは、白い萼片だそうです。イチリンソウ属はそういう花が多いようです。そして、萼片の数に変異がありますので、その観察も楽しいです。

【ユリワサビ】

By316 By318

アブラナ科ワサビ属のとっても小さな花です。こちらは、彼方此方で見かけます。

By164 By169t

白い花は、曇天模様の方が撮り易い・・。「ワサビ同様山菜とされ、茎や葉、花は、おひたしなどに利用される。」とありますが、この小さな植物では、かなり採らないと食べた気にはなりませんね。

By197

花は、白色の十字状の4弁花、オシベは6本。

一度食べて見ようかな・・。

« キバナノアマナ(富士山南麓) | トップページ | キノコ(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63466324

この記事へのトラックバック一覧です: アズマイチゲとユリワサビ(富士山南麓):

« キバナノアマナ(富士山南麓) | トップページ | キノコ(富士山南麓) »