他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 近くの山林で見かけたスミレ(富士市) | トップページ | カエデ属の花(裏庭植物園) »

ハナイカダ

萌の散歩道にも生えているハナイカダ・・葉に花が咲きます。この植物は、雌雄異株だそうです(←つい最近まで知りませんでしたcoldsweats01)。

【メス花】

Az123 Az181

葉の表、主脈の中央付近に花を付けます。大きくなっても、花を付けない葉もありました(右)。メス花は、普通このように葉一枚に1個付きます。例外もあるそうですが・・。

Az145

拡大して見ると、葉の付け根から花の咲いている所まで、主脈が褐色で太く、花に養分を供給しているように見えます。

Az171

緑色の花・・また「地味な花でツマラナイ!」と言われそうですが、葉に咲く花なんて面白いでしょ?

Az124 Az167

少し角度を変えて・・ピンボケcoldsweats01。こういう時は、コンデジTG-4が向いていますが、持参しませんでした。

Az165

横顔。主脈にも注目してください。

Az175 Az176

この花では、蟻が蜜を吸っていました。

【オス花】

Azimg_2087 Azimg_2084

別のところで撮ったオス花です。少し標高が高いためまだ咲いていませんでした。オス花は、このように一枚の葉に数個付くそうです。

どうして、葉に花を付けるようになったのでしょう?それにしても、面白い植物があるものですね。

« 近くの山林で見かけたスミレ(富士市) | トップページ | カエデ属の花(裏庭植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63517897

この記事へのトラックバック一覧です: ハナイカダ:

« 近くの山林で見かけたスミレ(富士市) | トップページ | カエデ属の花(裏庭植物園) »