他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« カンアオイ属(浜松市浜北区) | トップページ | シュンランの花(富士市) »

県立森林公園で気になった植物(浜松市浜北区)

は今日は箱根で雪が降ったそうです。富士でも冷え込んでいます。こんな時に限って、ストーブの灯油切れ・・たまりませんsad

浜松市浜北区の静岡県立森林公園で、その他の気になった植物を集めてみました。

Da099 Da180

見上げるのっぽの木は、赤松とモミジバフウです。右は果実の生ったモミジバフウです。

Da111 Da128

左はモミジバフウの樹皮、右は赤松の樹皮です。赤松は全てこのような表示がありました。松くい虫等の防除対策の印かな?

Da183

歩道脇には、モミジバフウの果実と赤松のマツボックリが沢山落ちていました。ネイチャークラフト用に少し頂いて来ました。

Da139 Da137

この特徴ある葉は、カクレミノでしょうか?

Da050a

この森林で一番目立つのは、ウラジロとコシダです。遠州方面の山では、良く見かけます。

Da049 Da046

何処へ行っても生えていました。右の写真の下の部分にコシダが写っています。少し除去した方が他の植物が生えて面白いと思うのですが・・。

Da078 Da070

池の近くに生えていたヒカゲノカズラと、右はツルアリドオシでしょうか?

Cv077

ツワブキも沢山生えていました。

Da092 Da081

池の近くにはこんな橋がありました。先へ進みたかったのですが、時間の関係で今回は断念しました。

そして池には、特定外来生物「オオフサモ」が生えていました。駆除しなくては・・管理会社さん気付いているかな?

« カンアオイ属(浜松市浜北区) | トップページ | シュンランの花(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63331589

この記事へのトラックバック一覧です: 県立森林公園で気になった植物(浜松市浜北区):

« カンアオイ属(浜松市浜北区) | トップページ | シュンランの花(富士市) »