他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 雑木林のキノコ(3月中旬) | トップページ | ふじのくに地球環境史ミュージアム »

ヒメフタバラン(富士市)

今日は良い天気でした。萌の朝散歩を終え、静岡市駿河区へ向かいました。待ちに待った「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の開館日でしたから・・。

その帰り、昨年見つけたヒメフタバランの様子を見に行きました。

Ah138

ヒメフタバランは、こんなヒノキ林に生えています。

Ah160 Ah168

小さな双葉も幾つか確認出来ます。増えてくれると嬉しいのですが・・。

Ah163

こちらには蕾が付いていました。

この植物を撮るのは、コンデジ「TG-4」の深度合成モードの方が向いていそうです。

Ah060 Ah062

昨年見た時は、右のような丸葉が多かったと思います。Web図鑑では、左のような葉でしたから、地域変種かと思っていました。

Ah058 Ah056

何時頃咲くだろう?昨年は、5月の連休に子房の膨らんだ花を見ました。4月中旬頃が見頃かな?右の写真に写っているヒノキの球果と比べてください。とても小さな植物です。

Ah056a

周辺を探してみましたが、他ではまだ見つかっていません。この場所は、僅か1.5m四方の範囲です。近くに本家があると思っているのですが・・。

« 雑木林のキノコ(3月中旬) | トップページ | ふじのくに地球環境史ミュージアム »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63398979

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフタバラン(富士市):

« 雑木林のキノコ(3月中旬) | トップページ | ふじのくに地球環境史ミュージアム »