他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 萌の散歩道の植物 | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

雑木林のキノコ(3月中旬)

花粉症とは縁がないと思っていた私ですが、どうやらご縁を持ってしまったようです。困ったものだ・・。

二週間ほど前に撮った写真ですが、近くの雑木林に生えるキノコを集めてみました。殆ど名前が分かりませんが・・。

Ua176

カワラタケの仲間。見方によっては綺麗なキノコだと思います。

Ua137 Ua139

ちょっと色が薄いけど、こちらも同種のようです。

Ua164 Ua167

茶系の模様が入っていて、蝶の翅を連想させます。

Ua030 Ua034

こちらも似ているけど・・。こんな細い枝にも生えています。

Ua160 Ua161

枯れ木もキノコの養分になり、やがて朽ちて行きます。キノコの世界の食物連鎖ですね。右は厚手のタイプ・・マンネンタケに近いのかな?

Ua155 Ua157

こちらも厚手のタイプです。右は枝が貫通しています。植物の世界も熾烈な生存競争があるんですね。

Ua052

変わった姿のキノコ・・ツチグリです。ツチグリにもいろいろな種類があるようで、今まで何種類か見ました。幼菌の内は食用になるそうです。食べるには、勇気が要りますね。

Ua048 Ua050

左は以前教わったモミジウロコタケで良いのかな?右は変わったキノコだと思ったら、裏返しで見ていましたcoldsweats01

Ua026

キクラゲの仲間。図鑑で見ると、タマキクラゲに似ています。これは、食べられるのだろうか?

Ua186

こちらは食べられるキノコ・・シイタケです。私が幼い頃は、野生のシイタケを良く見かけたのですが、最近ではあまり見る事がありません。

スギやヒノキの林を、雑木林にする事業などを考えてくれると良いのですが・・。面積の大きい森林向けの事業だけでなく、狭い森林にも目を向けてほしいと思っています。伐採搬出費用が高いので、そのまま荒らして(放置して)いる森林を彼方此方で見かけます。そいう地主をまとめられるのは、行政や森林組合だと思います。

« 萌の散歩道の植物 | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

茸と菌糸」カテゴリの記事

コメント

フジタケさん、何時も有難うございます。
裏側の写真を撮ったものもあったのですが、ピンボケしていました。
今度は、しっかり撮って来ます。
ワサビタケ・・場所は覚えていますので、今度確認してみます。

希少植物や野生ランとの出会いを求めて、富士山を探索しています。
何処かでお会いする事があるかもしれませんね。

こんにちは
3月はまだ硬いキノコが主役ですね。
1~3はカワラタケです。
4~7は推察通りカワラタケだと思われますが裏も見ないとはっきりしません。
8~9も裏が見たいです。
10~11は裏が丸い穴(管孔)ならホウロクタケだと思われます。丸くなくて縮緬状になっていればチリメンタケかオオチリメンタケです。
12はモミジウロコタケ
13はワサビタケ、同じようなものもありますが時期的にワサビタケと思われます。噛んで見るとワサビのように辛いのが特徴です。
14はタマキクラゲそろそろ終盤でゼリー状に溶け始めたものを見かけます。食べられるようですが美味そうではないので味は知りません。
最後はシイタケ、富士山のブナ帯ではミズナラの倒木に出ることが多いようです。

野生ランも見つけると写真を撮りますが、小さいものは難しいですね。
ここを見ていると少しづつ覚えられそうです。

                  フジタケ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63396335

この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林のキノコ(3月中旬):

« 萌の散歩道の植物 | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »