他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 函南原生林の植物① | トップページ | 函南原生林の植物③ »

函南原生林の植物②

今日も慌ただしい一日でした。休日が待ち遠しい!

Kx085

原生林は、背の高い樹木が沢山生えています。

Kx036 Kx077 Kx078

左と中はヒメシャラ、右はオオモミジです。

ヒメシャラは、富士山で見るよりずっと大きい木でした。樹齢100年前後と考えられているそうです。

Kx034

繊細な枝と特徴ある樹皮が遠くからでも目に付きます。ヒメシャラの数が多い場所で「サルタの洞」と呼ばれていたと再下段の説明書きに書かれています。

サルタはヒメシャラの地方名・・樹皮がサルスベリに似ているからだろうか?

Kx033 Kx032

太くなると樹皮が荒れて来ます。富士山で見る方がずっとすべすべしています。

Kz063a

エリア毎の説明書きがありました。また探索してみたいところです。

次は、草本や苔を集めてみます。

« 函南原生林の植物① | トップページ | 函南原生林の植物③ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63099476

この記事へのトラックバック一覧です: 函南原生林の植物②:

« 函南原生林の植物① | トップページ | 函南原生林の植物③ »