他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クスノキとマツバラン(富知六所浅間神社) | トップページ | 一週間前の箱根 »

気になったもの(富知六所浅間神社)

今日も一日屋外での工事立ち合いでした。寒かった!

富知六所浅間神社で、気になったものを記録しておきます。

Cm086

神社の東側、樟泉閣南の池を覗くと、亀が甲羅干ししていました。

Cm083 Cm080

アカミミガメのようです。ここより標高の高い、丸火の池にもアカミミガメが棲んでいます。

Cm082

普通、この季節は冬眠中だと思うのですが・・。寒さに強くなったのかな?

樹上を見上げると・・。

Cm072 Cm088

マメヅタとノキシノブがびっしり生えていました。それにしても、凄い!

Cm073 Cm090

こちらにも・・。

前記事の大クスもそうですが、ここの樹木にはどうしてこんなに沢山着生するのだろう?空中湿度が高いからかな?

そして、入口に置かれた火山弾です。

Cm108 Cm105

以前、富士山に上ると形の整った小さな火山弾を見かけました。でも、最近では見る事がありません。持ち去られたか、風雨に晒され形が崩れてしまったのだろうか?

この火山弾は200kg程あり、これほど大きなものは極めて珍しいそうです。

さて、明日も屋外での工事立ち合いです。ホッカイロでも持って行こうかな・・。

« クスノキとマツバラン(富知六所浅間神社) | トップページ | 一週間前の箱根 »

史跡探訪」カテゴリの記事

岩石鉱物」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

生き物観察」カテゴリの記事

コメント

kaikaiさん、お早うございます。
アカミミガメは冬眠しない・・考えてみれば、暖かい所の産ですから、冬眠する体質になっていないのですね。
駿府公園のお堀には、数も多くとても大きなアカミミガメが棲んでいます。
外来種で生き残るものは、植物も動物も驚くほど環境適合性が高いですね。

最近では、イシガメを見る機会が殆どありません。
でも、昨年沼川でスッポンを見ました。
なんか、嬉しくなりました。

連続コメすいません

ミシシッピアカミミガメは冬眠しません。ミシシッピ・・・ですので、あまりに寒いところでは
死にます。

甲羅干しをして体温をあげてなんとか活動してるようですね、ここでは餌に困ることはないでしょう

野外では餌がなくなってのたれ死ぬか、なんでも食っちゃって繁殖力があるので、生態系に悪影響を及ぼすか・・・です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/63130900

この記事へのトラックバック一覧です: 気になったもの(富知六所浅間神社):

« クスノキとマツバラン(富知六所浅間神社) | トップページ | 一週間前の箱根 »