他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 12月半ばの散策②(富士山) | トップページ | 12月半ばの散策④(富士山) »

12月半ばの散策③(富士山)

暖かいと思ったら、寒気がやって来て冷え込むとか?

Nvimg_4743

今朝の富士山です。昨日もそうでしたが、笠雲を被っていました。また天気が崩れるようです。

Nvimg_4667 Nvimg_4666

地衣類で化粧したブナの樹皮と繊細な小枝。この季節は小枝の観賞も楽しいです。

Nuimg_4686 Nvimg_4642

左は、ウラジロモミの樹皮に着生した苔です。苔の着き具合は、場所に寄ってかなりな差があります。

右は、林床を埋め尽くす落葉広葉樹の葉を撮ってみました。少し前までは、赤や黄色が目に付きましたが、この時期はみんな同じ色になっていました。

Nvimg_4649 Nvimg_4654 Nvimg_4629

立ち枯れた古木や、面白い樹形を見つけやすい季節です。真ん中の木は、以前訪れた時は、まだ上部が倒れていませんでした。右のヒノキは、一本が枝分かれしたのではなく、二本が寄り添って生えているようです。

Nvimg_4723 Nvimg_4720

ユキノシタのような形の葉・・何だろうと思って近づくと、ユリワサビでした。来春、小さくて白い花を咲かせてくれる事でしょう。

Nvimg_4645 Nvimg_4646

この木・・どんな歴史を経てこんな形になったのでしょう?想像するのも楽しいです。

Nvimg_4700

この辺りでは、あまり見かけない姥百合の果実です。種は、風に飛ばされ、底の方に少し残っているだけでした。百合の果実は、種を遠くに飛ばせるような強い風でなくては、殻から出られない工夫がされています。

« 12月半ばの散策②(富士山) | トップページ | 12月半ばの散策④(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62878799

この記事へのトラックバック一覧です: 12月半ばの散策③(富士山):

« 12月半ばの散策②(富士山) | トップページ | 12月半ばの散策④(富士山) »