2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験 | トップページ | 裏庭植物園の赤い実(11月下旬) »

2015年12月 2日 (水)

その他の実験用実生床

クロヤツシロランの新たな実生床は・・。

Dk266

菌糸が順調に伸び始めています。

そして、古い実生床では・・。

Dk239 Dk258

開花後、休眠中だと思っていたのですが、塊茎から新しい根状器官が伸び始めていました。写真下の乾いたラーメンのようなものは、古い根状器官です。

Dk245 Dk265

こちらにも・・。

これからどうなるんだろう?私にとって、ここからは未知の世界です。

Dk265t

トリミングしてみました。根状器官に絡みつく菌糸。逆に養分を吸収される事も知らずに・・。

Dk303 Dk307

こちらは苔の栽培?

実は、ある植物の実生実験をしようと準備したものです。苔の下には、スギの枯れ葉を敷き詰めてあります。

Dk305

良く見ると、白い菌糸ではなく、褐色の細い毛のようなものが生えています。

293

コケやスギの葉から伸びているようです。何だろう?

実生発芽を期待している植物の種に、養分を与えてくれるのだろうか?こちらでも未知の世界が見られそうです。

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験 | トップページ | 裏庭植物園の赤い実(11月下旬) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その他の実験用実生床:

« アキザキヤツシロラン実生栽培実験 | トップページ | 裏庭植物園の赤い実(11月下旬) »