他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 小潤井川(富士市) | トップページ | キダチダリアとキダチチョウセンアサガオ »

夕暮れの裏庭植物園

仕事で使っている私有車・・ミニキャブのスタッドレスタイヤを新しく買い、ブレーキバッドも交換しました。来春、雪の降りそうな場所の仕事があるので、出費が嵩みますが仕方ありませんweep

先週末も、山歩き出来ませんでしたので、裏庭植物園の住人の登場です。夕暮れ時・・しかも10日程前の写真です。

Rimg_4239

一番手は、魔除になるとされている柊です。

Rimg_4238

ストロボ発光で・・。意外と樹勢の良い植物で、マメに剪定しないとたいへんな事になります。

Rimg_4229 Rimg_4174

現在は、殆ど葉が散ってしまった栗です。でも、10日程前はこんな状態でした。栗は、桜等に比べると落葉がかなり遅くなります。いっぺんに散ってくれると、掃除が楽なのですが・・。

Rimg_4243 Rimg_4175

左はカシワの葉です。ブナなどと同じく冬に落葉しません。

右はミツバツツジです。葉の付け根を見ると、来春の蕾が確認出来ます。

Rimg_4207

これはタマアジサイの花後の姿です。我家のスギ林に生えていた苗を、裏庭植物園に移植してから何年経った事でしょう。2年前くらいからやっと花が咲くようになりました。ある程度成長すると、急速に枝を伸ばします。

Rimg_4212 Rimg_4959

こちらは、裏庭植物園の彼方此方に生えているアシタバです。僅か2鉢のポット苗から、子孫を残し増え続けています。

Rimg_4235

カエデ属は、同じ敷地内でも植えてある場所によって、落葉の時期がかなり違います。他の木はとっくに落葉してしまったのに、この木は10日前頃までこんな状態でした。

Rimg_4237 Rimg_4211

接写してみました。綺麗でしょ?

右は果実(翼果)です。毎年果実が生るけど、実生苗は殆ど見る事が出来ません。どうしてだろう?

« 小潤井川(富士市) | トップページ | キダチダリアとキダチチョウセンアサガオ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62932540

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの裏庭植物園:

« 小潤井川(富士市) | トップページ | キダチダリアとキダチチョウセンアサガオ »