他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« LAN-DISK | トップページ | 原里バラ園①(御殿場市) »

ハナワラビの仲間

先日、不法投棄のパトロールに行った時、ハナワラビの仲間を見つけました。

Af004

某廃棄物処理場(?)の仮囲いの脇に、まとまって生えていました。

Af003 Af001 Af008

ワラビの葉のような部分を栄養葉、胞子の付いた部分を胞子葉と言うそうです。

Af005 Af007

胞子葉を接写。ピンボケが激しいですね。

そして、標高が1,200m辺りの落葉広葉樹林内でも・・。

Af083 Af089

上の株よりずっと小さなタイプです。

Af088 Af084

胞子葉の様子も違います。

Af087

胞子葉を接写。

私は、ハナワラビの仲間の区別が良く分かりません。いつもWeb図鑑として拝見している「松江の花図鑑」には、下記のように書かれています。

「フユノハナワラビと似たものに、オオハナワラビやアカハナワラビがある。3つの違いは栄養葉の様子により、葉の先(鋸葉)が尖っている オオハナワラビ、アカハナワラビ。茎に毛がなければアカハナワラビ、オオハナワラビは茎、葉柄、葉軸に毛がある。葉の先(鋸葉)が鈍頭ならフユノハナワラビ。」

« LAN-DISK | トップページ | 原里バラ園①(御殿場市) »

植物観察」カテゴリの記事

苔と羊歯」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
名前が無いけど、パソコンのIPアドレスが一緒でしたので・・。
父親が観賞用に植えていたのでハナワラビの名前は知っていました。
でも、低地から富士山の亜高山帯まで、いろいろな種類が生える事を最近知りました。
高校の時は、電気部でした。
遠い昔です・・。

ワラビ
食べるワラビしか知りませんでしたが
これはシダの一種なんですね


私 高校時代 生物部だったんだけどなあdown

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62628219

この記事へのトラックバック一覧です: ハナワラビの仲間:

« LAN-DISK | トップページ | 原里バラ園①(御殿場市) »