他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« コナラとミズナラ | トップページ | 環境省「生物多様性センター」 »

オニク(富士山)

11月下旬になっても暖かい日が続いています。でも、富士山の亜高山帯へ行ける期間も限られて来ました。

今年、もう一度行きたかったのですが、仕事の関係で今まで行く事が出来ませんでした。家族に話したら付き合ってくれるとの事でしたので、早朝家を出て富士山へ向かいました。

Ao369

その場所には、ミヤマハンノキが生えていました。ベニバナイチヤクソウ(の葉)を撮ろうと根元を覗くと・・。

Ao273

「あっ、もしかしてこれはオニクではないだろうか?」

更に先方を覗きこむと・・。

Ao259 Ao235 Ao261

沢山生えていました。

Ao261t

トリミングしてみました。オニノヤガラの花に似ている・・。

Ao266 Ao254 Ao241

この場所には、20本くらい生えていました。

Ao251

こちらもトリミング。「黄褐色の鱗片葉が密生する。7~8月、茎の上半部に穂状をなし、暗紅紫色の唇形花を開く。」とあります。来年は花の時期に行ってみよう!

Ao286

この植物を求めて、ミヤマハンノキの生える斜面を探索した事があります。でも、その時は出会う事が出来ませんでした。そして、初めての出会いが今日訪れるとは思ってもみませんでした。残念ながらドライフラワーになっていましたが・・。

オニクは、滋養強壮に効果があるそうです。その薬効と生育場所が限られているため、乱獲されて絶滅が心配されているそうです。山梨県では、絶滅危惧種ⅠB類(EN)、長野県では準絶滅危惧種(NT)に指定されています。静岡県では??コハクランと同じく、自然環境調査委員会の調査で、リストに加えられていない(存在しない)事になっているのかな?

山の神様、今日も有難う!

« コナラとミズナラ | トップページ | 環境省「生物多様性センター」 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62723484

この記事へのトラックバック一覧です: オニク(富士山):

« コナラとミズナラ | トップページ | 環境省「生物多様性センター」 »