他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 色づき始めたヒヨドリジョウゴ | トップページ | 趣味の野菜畑(11月中旬) »

ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンラン

ベニシュスランの生えるスギ林のエリアから、別の場所へ移動してみました。

To192

そこはヒノキの林です。こんな塊が彼方此方に生えていました。

To189 To160

どうも、ヤクシマヒメアリドオシランのようです。

To181

果茎の伸びたものがありました。

To147

一本引き抜いてみました。

To148 To153

接写。果茎の下に向く毛が目立ちます。

ところで・・。

To127 To131

左の写真の中に少し変わった葉が見えます。右はその接写です。ベニシュスランにしては小さいし、ツルリンドウにも似ています。

To182 To197

こちらの葉も、他と少し違って見えます。でも茎の太さは、他と同じでした。ツルリンドウの場合、茎が細いので区別出来ます。

スギ林にはハクウンランも混生していました。ハクウンランは、1~2株ずつ点在している感じですが、ヤクシマヒメアリドオシランは一握りくらいの塊で生えていました。

では、別の場所で撮ったハクウンランの葉を見てください。

Anh009

とても狭い範囲ですが、私が出会った場所では一番標高の高いところです。

Anh012 St051

左も同じです。右は、スギ林で撮りましたが、ハクウンランかヤクシマヒメアリドオシランか分かりません。

H044 H139

左がヤクシマヒメアリドオシランで右がハクウンランの花です。全体的に似てはいますが、唇弁の裾の角度が違うし、花茎の色も違います。

この二種類が共存している場所では、両方の交雑種と思われるような花も見受けられました。来年細かく観察しようと思っています。

« 色づき始めたヒヨドリジョウゴ | トップページ | 趣味の野菜畑(11月中旬) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62677208

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンラン:

« 色づき始めたヒヨドリジョウゴ | トップページ | 趣味の野菜畑(11月中旬) »