他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« スギ林の菌糸 | トップページ | 御厨そば(御殿場市) »

スギ林に生えるベニシュスラン(富士市)

植物観察をし始めた頃、落葉広葉樹林が好きでした。どちらかと言うと、スギやヒノキの林には魅力を感じませんでした。でも、歳月を重ね彼方此方歩く内に、亜高山帯の針葉樹林はもちろんですが、スギやヒノキの林にも魅力的な植物の生える事を知りました。

St009

ベニシュスランは、こんな林に生えています。

St030

良く見ると、小さな子も彼方此方に生えています。

St027 St062

場所によっては、踏みつけずに歩けないくらいです。

St065 St066

斑の様子もいろいろ・・。

St087

果実を付けた株を発見!思えば、この植物との初めての出会いは、果実を付けた姿でした。

St035 St076

ピンボケですが・・。この中に粉のような種が詰まっています。堆積したスギの葉の中に潜む菌類によって発芽するそうです。

このスギ林には、ハクウンラン、ヤクシマヒメアリドオシラン、ヒメフタバラン、エビネ、トンボソウ、オオバノトンボソウ、ヒトツボクロ、コクラン等の野生ランが生えます。近くのヒノキ林には、アオフタバランとこの標高では珍しいイチヨウランが生えています。スギやヒノキの林も侮れません。

友情出演で・・。

St205

クラマゴケの中に目立つ白っぽい葉は、シロバナイナモリソウだと思います。冬は地上部が枯れ、休眠するのかな?

St224 St223

キッコウハグマの花が咲いていました。

St221

前日の雨で、花芯に水滴が溜まっていました。もう少し条件の良い時に出会いたかった・・weep

« スギ林の菌糸 | トップページ | 御厨そば(御殿場市) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62653949

この記事へのトラックバック一覧です: スギ林に生えるベニシュスラン(富士市):

« スギ林の菌糸 | トップページ | 御厨そば(御殿場市) »