他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 観察路で出会った植物(生物多様性センター) | トップページ | カラマツ(富士山) »

ハクサンシャクナゲ(富士山)

今日も、暑いくらいの一日でした。どうなっているのでしょう?

富士山に生えるシャクナゲは、ハクサンシャクナゲだそうです。場所によっては、小さな株が点々と見られるだけですが、この場所は彼方此方に群生していました。

Ds067

シラビソの林の中を覗くと、大きな株がありました。

Ds050 Ds427

亜高山帯の針葉樹の立ち枯れは、白い肌をしていてオブジェのようです。右は暗っぽい写真になってしまいましたが、沢山の果実殻が付いていました。花の時期は、さぞ見事だった事でしょう。

Ds121 Ds122

もう少し標高の高い所では、葉が黄色っぽくなっていました。ハクサンシャクナゲは、寒冷地に分布し、葉の裏側を中にした筒状にして越冬するそうです。

Ds167

こちらも花付きの良い株です。

Ds063 Ds114

実生間もない赤ちゃんシャクナゲです。それにしても沢山生えていますね。

Ds060

シラビソの林の中・・日照の悪い所ではこんな感じです。葉を見ると、別種のようですね。

Ds168 Ds070

果実殻から、花時の賑やかさが連想されます。

Ds071

トリミングしてみました。固い殻に守られていた種は、既に飛散していました。

Ds394

こちらは蕾かな?

来年は、花の季節に訪れてみたいものです

« 観察路で出会った植物(生物多様性センター) | トップページ | カラマツ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62744966

この記事へのトラックバック一覧です: ハクサンシャクナゲ(富士山):

« 観察路で出会った植物(生物多様性センター) | トップページ | カラマツ(富士山) »