他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロランとマユハケオモト | トップページ | 竹林に生えるクロヤツシロラン(富士市) »

アキザキヤツシロランの果実(富士市)

萌の朝散歩で、クロヤツシロランの果実を見て、そろそろ種子が飛散し始めるだろうと思い、竹林に生えるアキザキヤツシロランの様子を見に行って来ました。

La136

それは孟宗竹の林です。

La099

今年、新たに足を踏み入れたエリアには、沢山のアキザキヤツシロランが生えていました。

La038 La036 La043

花柄(果柄)が、驚くほど伸びていました。長いものは40cmを優に超えています。

La039 La052 La061

花は地際に咲きますが、結実すると種子が遠くに飛ぶように、果柄(かへい)がぐんぐん伸びて来ます。

La092 La197 La200

同じような写真ばかり続きますが・・。

La108

花は下のこげ茶色の部分に咲きます。上の薄茶色の部分が、結実後に伸びた果柄です。

La056 La211

白い種子の見えているものや、爆ぜて飛散してしまったものもありました。

昨年、少しだけ蒔いたアキザキの種子は、数粒プロトコームらしいのが出現しましたが、姿を消してしまいました。上手く発芽しなかったのは、種子の採取が早過ぎたのかもしれません。今回は、師匠のアドバイスを頂き、上ような状態になったものを採取して来ました。

クロヤツシロランは、花を咲かせる事が出来ましたので、今度はアキザキヤツシロランに再挑戦です。竹林から部材を集めた実験容器は、昨年用意したものを含めて三つになりました。自生地の株を掘り起こして見て、少し気になる事がありましたので、二つの実験容器はその様子も再現したつもりです。はたして上手くいくだろうか?

次は、竹林に生えるクロヤツシロランの果実の観察です。

« クロヤツシロランとマユハケオモト | トップページ | 竹林に生えるクロヤツシロラン(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62556384

この記事へのトラックバック一覧です: アキザキヤツシロランの果実(富士市):

« クロヤツシロランとマユハケオモト | トップページ | 竹林に生えるクロヤツシロラン(富士市) »