他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 趣味の果樹畑(10月上旬) | トップページ | 登山道沿いの植物(富士山) »

ホトトギスの花

段々涼しくなって来た上に、日の出も遅くなって、萌の朝散歩が辛くなって来ました。

今日は、ホトトギスの花を集めて見ました。

Th045 Th048

こちらは、大きな株に育った園芸種のホトトギスです。ホトトギスとタイワンホトトギスの交配種らしいのですが・・。茎の先端に沢山の花を付けるところと、長い地下茎を持つのがタイワンホトトギスの特徴だそうです。

Th069 Th068

次は、野生のホトトギスの変わり花です。同じ個体に咲く花にも、このような違いがあります。

Th074

こちらは、普通に見かけるホトトギスの花です。

Th073k

接写してみました。葯が薄紫色です。

Th260 Th167

同じような花でも、良く観察すると斑点の大きさなどが少しずつ違っています。右は花弁が落ち、子房が膨らんで来たところです。ホトトギスは実生発芽率も良く、挿し木でも活着するそうです。

Th178 Th184

こちらは、シロバナです。葯も花色に合わせて白くなっています。花弁の付け根の黄色は、普通のホトトギス(上の写真)の名残ですね。

さて、明日はまた点検立ち合いです。代休を取って、イワシャジンの咲く渓に行ってみたいと思っています。そこには、ホトトギスも沢山見られます。待ち遠しい!

« 趣味の果樹畑(10月上旬) | トップページ | 登山道沿いの植物(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62443703

この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギスの花:

« 趣味の果樹畑(10月上旬) | トップページ | 登山道沿いの植物(富士山) »