他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツワブキの花(前庭植物園) | トップページ | アキザキヤツシロランの果実(富士市) »

クロヤツシロランとマユハケオモト

タイトルの二つの植物は、これといった関係はありません。前者は、今朝萌の散歩で見つけました。後者は、義母からの頂き物です。

【クロヤツシロラン】

この時期になると、萌の朝散歩の時はまだ薄暗い状態です。今日は休日なので、少し遅い時間に出発しました。

Kk248 Kk231

林道脇に、クロヤツシロランの果実が姿を現していました!今まで気が付きませんでした。

Kk234 Kk240 Kk249

この場所に生えている事が分かっていても、年によって生える場所が移動したりするので、花を探すのはなかなか難しいです。果実柄(花柄)の伸びるこの季節に初めて株の多さに気が付きます。

この出会いが、今日の行動を決める事になりました。来月くらいにしようと思っていた、アキザキヤツシロランの果実採取に行く事にしました。ここでこの状態なら、おそらく下界の竹林では、果実が弾け初めていると思います。

【マユハケオモト】

Kk253

義母の家に咲いていたネギ坊主のような花、一鉢頂いて来ました。分厚い葉の株元には球根が見えました。

Kk256 Kk259

ネギ坊主にたいでしょ?

Kk255t

小さい花の集合体に見えます。

この植物は、ヒガンバナ科マユハケオモト属(ハエマンサス属)・・球根植物です。熱帯アフリカから南アフリカにかけて分布しているそうです。

冬生育(夏休眠)タイプと、夏生育(冬休眠)タイプがあるそうです。前者は、9月下旬から11月上旬に開花するそうですから、この個体は冬生育タイプのようです。枯らさないようにしなくては・・。

« ツワブキの花(前庭植物園) | トップページ | アキザキヤツシロランの果実(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

キレンゲショウマさん、今晩は。
マユハケオモトは、万年青に似た葉を持つためそう呼ばれる事になったそうです。

また新しい場所を見つけられたんですね。
これから、アキザキに再挑戦してみます。
上手くいくか分かりませんが・・。

 こんばんは!
マユハケオモト・・・面白い名前ですね。
でもお花はとても可愛いですね。 あの万年青の仲間ですか?

 昨日、私も別の場所でクロヤツシロラン・アキザキヤツシロランに
出逢いました。果実がしっかりと膨らみ、早い子は種子が出始めて
いました。花期も今ぐらい見つけやすいといいのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62548047

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロランとマユハケオモト:

« ツワブキの花(前庭植物園) | トップページ | アキザキヤツシロランの果実(富士市) »