他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ツバメオモトとタケシマランの果実(富士山) | トップページ | 秋の花(富士山南麓) »

アキザキヤツシロラン(富士市)

今日は、お寺さんへの付け届けに行った後、アキザキヤツシロランの様子を見に竹林へ行って来ました。

藪蚊に刺されながら、林床を探して見ると・・。

Ao027

蕾が出ていました!

Ao028a Ao030 Ao114

彼方此方に出ていますので、うっかりすると踏みつけてしまいそうです。

Ao035 Ao039

「あぅ、咲いている!」こちらは、朽ちた竹の下から出ていました。

Ao125

モードによってかなり違って見えます。この写真が、見た目の色と合っているかな?写真は難しい・・。

Ao076 Ao102

花の数は、塊茎の大きさと年数によって違うのだろうか?良く見ると、赤い目をしたショウジョウバエがとまっています。

Ao041

花芯を接写してみました。クロヤツシロランのように変な奴が潜んでいます。

新たな挑戦のため、部材集めをして来ました。そこで思ったのですが、この竹林にはスギの木も何本か生えています。白い糸状の菌糸の付いた部材を探すと、その殆どがスギの球果や小枝、葉に纏わり付いていました。朽ちた竹の裏側には殆ど見られませんでした。堆積した竹の葉は、一部白っぽくなっていますがやはり糸状の菌糸は見られません・・。

試しに塊茎を掘り起こして見ると、クロヤツシロランのように浅くはなく、かなり深い所に有りました。念のためその土も少し持ち帰りました。持ち帰った部材の中に、竹林に生えるヤツシロラン類を発芽、成長させる菌糸が潜んでいるだろうか?

※師匠の教え通り、極力自生地を荒らさないように配慮して来たつもりです。

« ツバメオモトとタケシマランの果実(富士山) | トップページ | 秋の花(富士山南麓) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

小蠅さん、お早うございます。
次はアキザキですね。
頑張ってみます。
それにしてもやぶ蚊が多いところです。

はは~ん、変な奴とはどんな奴ですか。
もっと、もっと拡大しないとね、バカでかい口開けてますね。

とにかく、次はこれでしょ!。頑張らないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/62325893

この記事へのトラックバック一覧です: アキザキヤツシロラン(富士市):

« ツバメオモトとタケシマランの果実(富士山) | トップページ | 秋の花(富士山南麓) »