他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« マツノハマンネングサ(富士山) | トップページ | キヨスミウツボ(富士山) »

スギとヒノキの林の野生ラン(富士市)

今日も暑い一日でした。一時期は台風一過のような晴天・・そして突然の通り雨。汗と雨でびしょびしょでした。

先週末、スギとヒノキの林を探索して来ました。そこで出会った野生ランを集めて見ました。

【オオバノトンボソウ】

So139 So140 So148

落葉広葉樹林でも見かけますが、ここの株はずっと背が高いです。

So145 So146

開花はもう少し先になりそうです。「葉や茎の稜が著しく目立つ」とあります。茎が角ばっていると解釈すればいいのかな?

【ベニシュスラン】

So087 So089

蕾が大きくなって来ました。最初は上向き、やがて横を向いて咲きます。姥百合の変化と同じですね。

So109t So157

この場所では、広範囲に生えていました。右は葉が変色し始めた株です。昨年も幾つか見かけました。水枯れ(乾燥)して傷んだのでしょうか?

【ヤクシマヒメアリドオシラン・ハクウンラン】

So125

この場所には、ヤクシマヒメアリドオシランとハクウンランが混生しています。これは茎や萼が茶系だから、ヤクシマヒメアリドオシランかな?

So090 So128

今年は、花の時期に葉の違いを比べて見たいと思っています。

So593

この場所より、数百メートル標高の高い所で見つけたハクウンランです。昨年花を確認しました。僅か1m四方の狭い所に生えており、出会えたのが奇跡!

【ヒメフタバラン】

So129 So130

今年初めて出会った野生ランです。開花株は既に休眠したのか姿がありませんでした。右の葉も休眠に向かっているようです。これも1m四方くらいの範囲でしか確認出来ませんでした。

この林には、他にもエビネやトンボソウ等が生えています。歩いてみないと分からないものですね。

« マツノハマンネングサ(富士山) | トップページ | キヨスミウツボ(富士山) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61892095

この記事へのトラックバック一覧です: スギとヒノキの林の野生ラン(富士市):

« マツノハマンネングサ(富士山) | トップページ | キヨスミウツボ(富士山) »