他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 小雨の中の試し撮り | トップページ | ヤツシロラン類の実生栽培記④ »

富士山北面探索

最近、初めて一人で富士山に足を踏み入れた頃の事を思い出します。山歩きも慣れていないし、期待よりも不安感の方が大きかったと思います。

少し歩き慣れ、心強い相棒のGPSを得て、一人歩きの不安は薄らいで来ました。

G518

南面は幾度か歩きましたが、北面の亜高山帯はあまり歩いた事がありませんでした。これから時間の取れる時に、少しずつ探索範囲を広げて行こうと思っています。

G485

苔の絨毯が続きます。

G486 G487

見上げると、ミヤマハンノキが花を咲かせていました。右の下に垂れ下がっているのが雄花で、その付け根の上に見える小さなのが雌花だそうです。

G096 G534

右は昨年の球果です。

G496 G489

白い地衣類・・静岡県側の御殿庭辺りを思い出します。この中では、フジハタザオの白い花も目立ちませんね。

G492 G359

オンタデ、カラマツ、フジハタザオが寄り添って生えていました。

G072 G372 G387

針葉樹林に入ると、コメツガの枝にサルオガセの仲間が下がっていました。真ん中は、シャクジョウソウの果実だと思います。果実が一つならアキノギンリョウソウですが、そちらはもっと低い所で見かけます。右は抱き合う木・・遠くから目に付きました。

G101

コメツガの球果。ヤツシロランの実生床にどうだろう?

G484

フジハタザオも彼方此方で見かけました。

初めて訪れたエリアでしたが、普段出会えないいろいろな植物を見る事が出来ました。そして、ミヤマハンノキの多さから「南面で探し求めたあの植物とも出会えるかもしれない」と思いながら、次回探索への夢を膨らませて帰路につきました。

一人探索で希少種と出会った時の感動は、場所を教えてもらった出会いとは比較になりません。歩ける限り、このような探索も続けるつもりです。

« 小雨の中の試し撮り | トップページ | ヤツシロラン類の実生栽培記④ »

地域文化」カテゴリの記事

植物観察」カテゴリの記事

コメント

kaikaiさん、今晩は。
この場所は、帰りがけに入ってみました。
北面は、面白そうです。

この抱き合う木、見たことあります( ̄^ ̄)ゞ、明日どうしようかまだ決めかねてます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61781767

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山北面探索:

« 小雨の中の試し撮り | トップページ | ヤツシロラン類の実生栽培記④ »