他のブログ・HP

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 裏庭に咲く花(五月中旬) | トップページ | 富士山散策(5月下旬) »

チシオスミレ

今日は、午前中かなり雨が降りました。明日は休み!!天気はどうだろう?

初心者の私は、スミレの花が苦手です。名前の分からないものばかり・・。図鑑を調べると、ますます悩んでしまいます。花色に変異があったり、亜種、交雑種などが多いから尚更です。

Ssb032

ミヤマスミレ類・・サクラスミレ。

そして・・。

Ssb117 Ssb114

葉の主脈に沿って、濃紅紫色の斑が入るものをチシオスミレというそうです。

Ssb223

図鑑によっては、母種のサクラスミレと混生するとあり、比較的珍しいような書き方をされています。でも、私には母種のサクラスミレが見つけられませんでした。

Ssb111 Ssb125

花の形もいろいろ・・。側弁の基部に毛が多い。

Ssb127

Ssb129

葉柄や花柄にも毛が多い。

Ssb221

雨が降って来て上手く撮れませんでしたが、斑の様子です。タチツボスミレの場合は、赤斑(アカフタチツボスミレ)なのにこちらは血潮、なんか変ですね。

« 裏庭に咲く花(五月中旬) | トップページ | 富士山散策(5月下旬) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

うーさん、今晩は。
この場所は私も初めて行きました。
今後は探索範囲に加えたいと思っています。
スミレは難しいので、諦め始めています。

こんにちは。
今日は、とある場所に雲居小桜を観に行きました。
もう終盤に近く、今年の開花の早さに驚きましたが
まだ咲いてくれていました。
林道傍にサクラスミレと葉の主脈に濃紅紫色の筋の班が
入ったスミレを発見、このブログを拝見していたので
直ぐに、チシオスミレだと判りました。
有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61600034

この記事へのトラックバック一覧です: チシオスミレ:

« 裏庭に咲く花(五月中旬) | トップページ | 富士山散策(5月下旬) »