他のブログ・HP

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« シロバナエンレイソウ(富士山) | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

野生ラン探索(富士山)

Cn032

今日は良い天気でした。午前中だけ、GPSを持って富士山を探索して来ました。標高1,200m辺り・・。

Bo162

南面のこの標高では、あまり見かけないミヤマウズラを発見!下界のように大株ではなく1~2株ずつ生えていました。

そしてこちらも、この辺りでは稀です。

Bo219 Bo237

ヒトツボクロを5~6株確認出来ました。果実殻も1本残っていました。

次は、オオヤマサギソウかと思っている野生ランです。

Bo343 Bo345

ここはヒノキの林です。下草もあまり伸びていないので、見つけ易い季節です。小さな株も入れると20株以上確認出来ました。右には昨年の花柄が残っていました。

Bo339

こちらは、4株まとまって生えていました。

更に探索を続けると・・。

Bo450 Bo451

雑木林にも生えていました。雑木林では一株ずつ点在している場合が多く、周囲に子株があるのは稀です。堆積した落ち葉の陰で枯れてしまうのかもしれません。

Bo81177 Boimg018

待望の本が発売されました。まだ、「①低地・低山編」だけですが・・。私が持っていた野生ランの図鑑はとても古く、掲載されていない野生ランが沢山あります。それに写真もあまり鮮明ではなく、素人には判断の難しい所がありました。この図鑑は値段の割に、とても充実していて良い図鑑だと思います。

上の花が咲くのは、7月下旬頃だと思います。それまでに「②深山・高山編」が発売されてくれると嬉しいけど・・。間に合えば、リュックに入れて出かけたいと思います。

« シロバナエンレイソウ(富士山) | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61528522

この記事へのトラックバック一覧です: 野生ラン探索(富士山):

« シロバナエンレイソウ(富士山) | トップページ | ヒメフタバラン(富士市) »