他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 野生ラン探索(富士山) | トップページ | イチヨウラン開花(富士市) »

ヒメフタバラン(富士市)

私が今迄に出会った事のあるフタバランは、アオフタバラン、タカネフタバラン、ミヤマフタバラン、コフタバランの四種だけでした。先輩のブログに、「ヒメフタバランは早春の花」と紹介されていました。何時か出会いたいと思っていたところ・・。

Af024

今日、出会う事が出来ました!僅か一メートル四方の狭い範囲にだけ生えていました。

Af141 Af130

開花株は、この二本だけでしたが出会えて良かった!山の神様今日も有難う!

Af048 Af132

周囲には、赤ちゃんも幾株か確認する事が出来ました。

Af070

この手の植物は、素人カメラマンには撮り難い!

Af064 Af062 Af061

花の様子を撮ってみました。ストロボ無し⇒ストロボ発光、葉と茎の様子です。茎には腺毛があります。葉の傷はハモグリバエかな?

Af117 Af121

面白い形の花ですね。開花してから日にちが経つのか、子房が膨らんでいました。

ところで、葉の形が文一総合出版の「日本のラン①低地・低山編」に掲載された写真のほうが先端部が尖っているように見えますが、これは地域変異でしょうか?

フタバラン類は、DNA解析によりサカネラン属とするそうです。素人目には、何か違和感があります。

« 野生ラン探索(富士山) | トップページ | イチヨウラン開花(富士市) »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
そうそう、人形のようですね。
フタバランの仲間は、みんな変わった形の花をつけます。
小さいので撮るのが難しいです。

おはようございます。
この花は、まるで人形がぶら下がっているように見えます!
面白いですね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61534809

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフタバラン(富士市):

« 野生ラン探索(富士山) | トップページ | イチヨウラン開花(富士市) »