他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ムヨウランその後 | トップページ | 甲斐犬「小桃と萌の誕生日」 »

コアツモリソウ(富士山)

今年は、時間の取れる時に無理してでも行かないと、見たい植物が見られないかもしれません。この植物もまだ早いかと思いつつ、出かけてみました。

Ka054 Ka082

薄暗い林床に、艶のある双葉が生えていました。「やっぱりまだ早かったか・・」。

Ka193 Ka194

こちらも・・。

Ka136 Ka144

彼方此方探すと・・「あっ、咲いている!」でも、こんな状態で咲いているので、撮るのが難しい!

Ka171

ちょっと工夫してみました。

Ka162

面白い形の花でしょ?袋状の部分が、唇弁です。

Ka168

横顔。

Ka166

更に接近。

Kaq154 Ka177 Ka150

反則技も使って・・。

結局、咲いている株はこの一つしか見つかりませんでした。

そして、初めて目にするコアツモリソウの蒴果を発見!

Ka235 Ka232t

花後に種を遠くへ飛ばせるように、花柄が直立する事を知りました。ホテイラン等と同じですね。

蕾で我慢しようと思っていたのに、花と蒴果を見る事が出来ました。山の神様、有難う!

« ムヨウランその後 | トップページ | 甲斐犬「小桃と萌の誕生日」 »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

久さん、今晩は。
こちらの写真は、我が家から見て富士山の裏側・・北麓になります。
今迄見ていた場所ではなく、車から降りてかなり歩きますが、平坦な道でした。
富士山の南面では、まだ出会った事がありません。

コアツモリソウ、好いですね。
四国にも自生地が残っています。数年前に2~3度写真を撮りました。
しかし、険しいく、高い山ですので、もう登ることはできません。
撮り貯めた写真をパソコンで見て愉しんでいます。

うーさん、今晩jは。
この場所に生えるコアツモリは、日照の関係もあって他より少し遅いと思います。
ここを訪れる人は、地元でも殆どいないのではないかと思える場所です。
昨年は、雪の影響もあり深山の野生ランの開花が遅れましたから、今年は尚更タイミングが難しいですね。

この日は真夏日が予想されたので、
早朝に北麓の森に行きました。
花友が既に15日訪れて蕾の写真をBlogにアップしていたので
コアツモリソウをタイミングよく観れました。
足の踏み場もない青双葉蘭も花芽を付け、スズムシソウは
満開ですした。
今年は花の開花情報交換してタイミングを合わす必要がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61670935

この記事へのトラックバック一覧です: コアツモリソウ(富士山):

« ムヨウランその後 | トップページ | 甲斐犬「小桃と萌の誕生日」 »