他のブログ・HP

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« エンレイソウ(天子山塊の麓) | トップページ | キケマン属の花(天子山塊の麓) »

イモウエツツジ(富士宮市猪之頭)

天子山塊の麓を探索した帰り、猪之頭のミツバツツジを見て来ました。

Hm303 Hm308

咲いていました!里芋を植える時期に咲くので、イモウエツツジと呼ぶそうです。県指定の天然記念物です。

Hm310_2

見てください、この幹。彼方此方の山中で見かけるのは、ヒョロっとして傾いたような木が多く、こんなに太い幹は見られません。

Hm309 Hm379

位置を変えて撮ってみました。何処から見ても、良い樹型をしています。

Hm331

古民家の佇まいと調和していますね。

Hm352

一昨年は少し早かったのですが、今年は見頃でした。

Hm339 Hm338

オシベは5本・・普通のミツバツツジのようです。ミツバツツジは、葉柄や花柄に触ると粘りがあるそうです。でも、花柄に触ってみても粘りを感じませんでした。萼の上から触ってしまったのかな?次に行った時は、葉柄の粘りを確認してみよう!

オシベが10本のキヨスミミツバツツジは、葉柄に粘りが無く、オシベが7~9本のアワミツバツツジは、葉柄に少し粘りがあるそうです。ミツバツツジとキヨスミミツバツツジの中間型がアワミツバツツジと言う事でしょうか?

Hm338t

トリミングしてみました。

Hm344

花柱の付け根の様子。もう少し遅れて咲くトウゴクミツバツツジは、オシベが10本で花柱の下半分くらいに腺毛があります。

遠くからだと同じに見えるミツバツツジも、いろいろな特徴があって面白いですね。まだまだ多くの変種があるそうですが、私にはこのくらい覚えられれば十分・・直ぐに忘れてしまうのでcoldsweats01

« エンレイソウ(天子山塊の麓) | トップページ | キケマン属の花(天子山塊の麓) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
全国的に見ても最大級と書かれていました。
地域の人たちにとても親しまれているようです。
何時までも丈夫でいてほしいものです。

こんばんは。
ツツジもずいぶん大きくなるのですねぇ!
こんなに高いツツジは初めて見ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61444349

この記事へのトラックバック一覧です: イモウエツツジ(富士宮市猪之頭):

« エンレイソウ(天子山塊の麓) | トップページ | キケマン属の花(天子山塊の麓) »