他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 散歩道の野生ラン(富士市) | トップページ | 裏庭植物園(4月末) »

テンナンショウ属の花

蛇の嫌いな人にとっては、ちょっと苦手な花・・テンナンショウ属の花を集めてみました。

Dm411 Dm412

一番手は、萌の散歩道に咲いていたマムシグサです。

Dm336 Dm344

こちらも、同じ散歩道に生えていました。斑入り葉と普通葉。

Dm343

中には葉の縁にギザギザのあるものもあります。

仏炎苞を捲ってみると・・。

Dm346 Dm339

付属体の先端が鍵状にくびれています。スルガテンナンショウのようです。

Dm050 Dmf047 Dm348

そして一番不気味なのは、このウラシマソウです。

Dmf046 Dm349

蛇の尻尾か舌みたいなのを、釣り糸に見立ててこの名がついたそうです。

Dmf016

日当たりの良い所にも生えていました。

Dmf059 Dmf061

こちらは団体さんです。右は釣り糸が後ろに飛んでいます。

図鑑を見ると、地域によっていろいろな種類があるようでね。名前が間違っていたら教えてください。

今夜も、事情がありコメントが書けません。記事は時間指定でアップします。

« 散歩道の野生ラン(富士市) | トップページ | 裏庭植物園(4月末) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、今晩は。
晩秋の富士山麓では、赤い実がとても良く目に付きます。
この植物もいろいろな種類があるようです。
発芽率も良いようですが、ちょっと躊躇してしまいますね。

こんばんは。
本当に蛇にそっくりですね!
数十年前 日光街道の杉並木の下で 真っ赤な実をたくさんつけたマムシ草
(その時は、マムシグサと言う名前を知りませんでした)を、綺麗だなァと思って見ていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61509428

この記事へのトラックバック一覧です: テンナンショウ属の花:

« 散歩道の野生ラン(富士市) | トップページ | 裏庭植物園(4月末) »