他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑰ | トップページ | エンレイソウ(天子山塊の麓) »

ミツガシワ(浮島ヶ原自然公園)

本家のミツガシワと出会ったのは、2010年5月でした。田圃の水路脇に生えていた見慣れない葉・・私にとって、それがミツガシワとの初めての出会いでした。

諸先輩のブログに、開花情報が載ってから暫らく経ちます。帰宅途中で覗いてみました。

Am029

沢山咲いていました!こちらでは、本家よりも早く花を咲かせます。

Am025 Am027

望遠マクロで・・。

Am040

中古マクロレンズで・・。

Am059

やっぱり、手持ちではピンボケ・・。面白い花でしょ?

Am056 Am056k

白い花は撮り難い!白黒に加工した方が花の様子が分かるかな?

Wikipediaには「日本を含め主として寒冷地に分布・・・氷河期の生き残り(残存植物)として考えられ・・・」とあります。でも、本家も分家も寒冷地ではなく、比較的暖かな場所です。きっと、長い歳月を経てこの地に順応するように進化して来たのでしょう。

亜高山帯に生えるイチヨウランが、標高1,000mも低い場所で生き続けているのと似ています。植物って不思議ですね。

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑰ | トップページ | エンレイソウ(天子山塊の麓) »

植物観察」カテゴリの記事

浮島ヶ原自然公園」カテゴリの記事

コメント

よしこさん、今晩は。
コメントが遅くなって申し訳ありません。
初めて出会った時は、クズの墓と思ってしまいました。
綺麗な花なので、気に入っています。

こんにちわ。
ミツガシワ、本当に面白い花ですね。それに、寒冷地とは言えないような場所ですから、不思議なものですね。寒冷地ではないけれど、平地ではないり、風が吹き抜けてかなり気温がいつも低いのかもしれないですね。いつも、珍しいものを見せていただいてありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61435642

この記事へのトラックバック一覧です: ミツガシワ(浮島ヶ原自然公園):

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑰ | トップページ | エンレイソウ(天子山塊の麓) »