他のブログ・HP

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« バイケイソウ(富士山南麓) | トップページ | ホウチャクソウ・ヒトリシズカ・ヤブレガサ »

イチヨウランとアオフタバラン(富士山南麓)

数日前の予報では、日曜日は天気が良いはずでした。それなのに・・。

Am003

萌の散歩を終えて富士山を見ると、段積みの笠雲がかかっていました。

某議員の出陣式に参加したその足で、山地帯に生えるイチヨウランの様子を見に行きました。何度行っても「GPSが無ければ出会えないかもしれない」という不安があります。特に植物の成長が著しいこの季節は尚更です。

【イチヨウラン】

Am023 Am026r

ちょっと迷いましたが、見つかりました。二つの蕾も無事で、花柄がかなり伸びていました(同じような写真ですが、ちょっと角度とモードを変えて撮ってみました)

Am026z

横長切り取り加工。昨年は一つでしたが、今年は二つ・・来年は三つ咲くかな?

Am046

亜高山帯の針葉樹林よりも、かなり早く花を見る事が出来そうです。

そして、このすぐ近くには・・。

【アオフタバラン】

Am058

富士山南面では、イチヨウランと同じくらいの標高に生えるのは、タカネフタバランやコフタバラン、そしてミヤマフタバランですが、この場所ではイチヨウランが1,000m以上も標高を下げて生えているため、数メートルの距離でアオフタバランを見る事が出来ます。

Am069

双葉の付け根に見えるのは、蕾のようです。今年は花を見る事が出来るだろうか?

【追加】

Am064 Am076

アオフタバランの果実殻が残っていました。右は、ツレサギソウ属オオバノトンボソウかな?

« バイケイソウ(富士山南麓) | トップページ | ホウチャクソウ・ヒトリシズカ・ヤブレガサ »

植物観察」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61463160

この記事へのトラックバック一覧です: イチヨウランとアオフタバラン(富士山南麓):

« バイケイソウ(富士山南麓) | トップページ | ホウチャクソウ・ヒトリシズカ・ヤブレガサ »