他のブログ・HP

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 花いろいろ | トップページ | クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑯ »

実生栽培の植物

午後からのはずが朝から雨。昨日は晴れ間も見えていたのに・・weep

我が家で、実生発芽した植物を集めてみました。植物の生育を見守るのは、勉強になるし楽しいものです。

【山梨県からやって来た種】

Au183

ヤマシャクヤクより遅れて芽を出し、葉裏に毛が生えている・・2~3粒蒔いたベニバナヤマシャクヤクだと思っているのですが・・。花が咲くまで頑張れ!

Au215 Au216

こちらも山梨県からやって来た種です。双葉の状態を見た事がありませんが、この鍋焼きうどんの実生床には、ヤシャビシャクを蒔きました。熟れてとても良い香りのする実を送って頂きました。

「いっぱい発芽するよ!」そう教わったのですが、自生地を見ると、そんなに発芽率が良いとは思えませんでした。きっと地上に落ちたものは、発芽してもみんな枯れてしまうのでしょう。上手く育ってくれると嬉しいのですが・・。

【神奈川県からやって来た種】

Au112 Au111

昨年実生発芽して、二年目のバアソブです。沢山枝分かれして今年も花が期待できそうです。実生一年目で花が咲く事と、葉が虫に好まれる事を知りました。

【富士市の田園地帯からやってきた種】

Au210

このナヨナヨワスレナグサは、私が数年前に浮島の田園地帯から採って来た種が発芽したものです。二年生草本らしいのですが、実生を続けて何代目かになります。でも、発芽率の良い割には増えてくれません。富士市~沼津市の田園地帯だけに分布が限定される理由が何かあるのかもしれません。

上の三種は、絶滅危惧種に指定されております。でも、こうして素人の私でも実生発芽させる事が出来ます。過酷な環境に生える植物だからこそ、発芽率が高いのだと思います。

クロヤツシロランの様子は、先週から月曜日に変更しました。

« 花いろいろ | トップページ | クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑯ »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

もこままさん、お早うございます。
野山で花の季節だけ見ていても、気付かない事の方が多いと思います。
入手経路がどうあれ山野草栽培を反対する方もいますが、私はそうは思いません。
実生栽培や、ちゃんとした園芸農場で増殖されたものを栽培するのは問題ないと思います。
もこままさんも、いろいろな植物栽培に挑戦されて凄いと思います。
これから楽しみですね。

こんばんは。
やまぶどうさんはいろいろな植物の実生栽培に挑戦されていて頭が下がります。
2年目のバアソブ 分かれた枝の数からして、生育旺盛なのが分かります。
自分で育ててみると 「どうしてこれが絶滅危惧種?」と思えるほど育ちますよね。
やはり自然界で育って行く事は、植物たちにとっても大変なのですね。
 それが人間による行為のせいだとすると、同じ人間として心が痛みます。
我が家の発芽植物 あと1週間もすればはっきりする事でしょう。
とても楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61393548

この記事へのトラックバック一覧です: 実生栽培の植物:

« 花いろいろ | トップページ | クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑯ »