他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« フクロウの森の植物(富士山南麓) | トップページ | クンシランと萌 »

落ち葉の中の目覚め(富士山南麓)

週末は天気が良いはずなのに、帰宅する頃は今にも雨が降りそうな感じでした。日曜は晴れてほしい!

Q069 Q070

標高1,200mを越す辺りでも、植物達の活動が盛んになっていました。

Q089 Q154

色違いのヤマエンゴサク。

Q133

林道脇の土手に、ヤマシャクヤクの子が生えていました。

Q146 Q113

こちらはもう少し大きな株。右側には蕾が見えています。

標高が200mくらい下がった辺りでは・・。

Q166

蕾がかなり大きくなっていました。

ところで、「静岡県産希少植物図鑑」には・・「葉の裏に毛のあるケヤマシャクヤクも混生する」と書かれています。ベニバナヤマシャクヤクの多くは、葉裏に毛が生えていますが、白花のヤマシャクヤクにも、毛の生えているものが稀にある事を昨年確認しました。それらは、ケヤマシャクヤクと言う事になろようです。

Q148 Q139

左は葉があるけどムヨウイチヤクソウ。右はヨゴレネコノメで良いのかな?

Q121

この標高ではあまり見かけないカラマツも、新芽が出ていました。

Q141 Q142

マルバダケブキとミツマタの花。

日曜日、天気が良かったらもう少し標高の高い所へ行ってみたい・・。

« フクロウの森の植物(富士山南麓) | トップページ | クンシランと萌 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61488982

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち葉の中の目覚め(富士山南麓):

« フクロウの森の植物(富士山南麓) | トップページ | クンシランと萌 »