他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ドライフラワー(富士山南麓) | トップページ | ノウルシ(沼津市) »

オニシバリとミヤマシキミ属(富士山南麓)

今週も土曜は仕事ですweep。ボランティアの草刈りがあったのですが、参加出来ません・・。

オニシバリとミヤマシキミ属・・何の関係があるんだ?どちらもこの季節に葉が緑色で花が咲き、雌雄異株で、赤い実を付け、有毒だそうです。結構共通点があるでしょ?

【オニシバリ】

Ef035 Ef047

こちらはオニシバリ。このように蕾の色が違うものがあります(標高1,000m辺りで)。

Ef049 Ef162

花が咲いていました(標高600m辺りで)。

Ef257

黄緑色の花・・面白いでしょ?

Ef003

こんな肉厚の花もあります。花形の変異を観察するのも面白いですね。

【ミヤマシキミ属】

私はミヤマシキミとツルシキミの区別が良く分かりません。蔓状に這うのがツルシキミだそうですが・・。

Ef158

ヒノキ林に生えていたのはツルシキミ?

Ef156 Ef182

こちらはミヤマシキミかな?雌雄異株だそうです。シキミと名がつきますが、栽培されているシキミ(香花)とは別種です。有毒なのは同じですが・・。

【友情出演】

Ef155

近くで目に入ってきたこの植物は?ヤツデの赤ちゃんだと思いますが如何でしょう?

« ドライフラワー(富士山南麓) | トップページ | ノウルシ(沼津市) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61276760

この記事へのトラックバック一覧です: オニシバリとミヤマシキミ属(富士山南麓):

« ドライフラワー(富士山南麓) | トップページ | ノウルシ(沼津市) »