他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« バイケイソウの目覚め(富士山南麓) | トップページ | フクロウの森(林床の植物) »

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑫

昨晩、クロヤツシロランの様子を掲載出来ませんでしたので、時間指定で本日アップします。

K12_007

菌糸の先端部が開き、花が咲いたようになって来ました。

K12_001 K12_010

これも見方によっては綺麗です。そして、気温の上昇に伴い、彼方此方で活発な成長が見られます。

K12_005

自生地の林床では、種子が飛散するためこんな状態になる事は無いのかも?

K12_015 K12_003

左は、気になっている色違いの個体。緑色っぽい・・少し葉緑素を持っていたりして・・。

K12_008

K12_009

期待の星のツインズは、委縮せず順調そうです。山野で見る開花株の塊茎は、もっと大きい・・はたして花芽を持つのだろうか?

アキザキヤツシロランの実生床は、大きな変化がありませんでしたので、今回は未掲載です。

« バイケイソウの目覚め(富士山南麓) | トップページ | フクロウの森(林床の植物) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

ツインズさん、今晩は。
そうなんです。
前回と比べて、塊茎の先端が上を向いて来ました。
このまま無事成長を続けてくれると嬉しいのいですが・・。
こちらは、真冬に戻ってしまいました。
愛鷹山は真っ白になっていました。

希望の星様、こんにちは、

珍しい菌様が出たら自分の名前つけたいね。
花の上にもパラパラと種ふり掛けてもみたいです(笑)。

処で希望の星のツインズ君、生長点上向きになりましたかね。
野生では一年サイクルですが此処では3,4ケ月が一年ですので
何か変化が起ると良いですね。年中無休の実験ですね、これは。
しかし、気長に、休んで、又、実験と言うことで・・意味不明ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61253494

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑫:

« バイケイソウの目覚め(富士山南麓) | トップページ | フクロウの森(林床の植物) »