他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

エンレイソウ(富士市)

日曜日、雨の降る前に近くの林を探索して来ました。

そろそろ、エンレイソウが咲く頃だろうと思い、覗いてみると・・。

E170

咲いていました!

E173 E174

我が家から一番近い所に咲く、エンレイソウです。無事でいて良かった!

E185

特徴ある大きな葉を、初めて見た時は感動しました。

E176

もう少し標高が高くなると、シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)を見る事が出来ます。エンレイソウとシロバナエンレイソウの大きな違いは、花の色もさることながら前者には内花被片が無い事です。最初は気付きませんでしたcoldsweats01

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑮

仕事の今日は良い天気・・。

クロヤツシロラン週間観察記録です。

K15_017

根状器官は、ますます上を向いて伸びています。

K15_012

ツインズの先端部は、芽のようになって頭をもたげて来ました。

K15_015 K15_033

塊茎が小さいので、花を咲かせるまでには至らないらしい・・。根状器官との別離は、後どのくらいなんだろう?根状器官が無くなった後、また再生するのだろうか?今後の変化も興味深い・・。

別の容器でも、プロトコームから根状器官が伸び始めました。暖かくなったから?でも、発芽や成長の速度は、温度だけでもない事が少しだけ分かりました。

カタクリ(富士宮市村山)

我が家から一番近い所に咲く、カタクリの花を見て来ました。

Bk023

この日は、富士山が見えていました。

Bk118

咲いていました!最近、TAMRON_16-300mmの望遠マクロレンズを使っています。画質に難はありますが、レンズ交換の手間が省け便利です。

Bk127 Bk134 Bk093

左はヤブレガサとカタクリの蕾。花色もいろいろ・・。

Bk076 Bk075

蕾と咲き始めの花。何か可愛いでしょ?

Bk091 Bk104t

花被片は反り返り、最後はオニユリのようになります。

Bk124 Bk096

下向きに咲く花は、ファインダーを覗いて撮れないので、ライブビュー撮影(液晶モニターに写った映像を見ながら撮影)してみました。まだ、この撮影法の設定が良く分かりませんが・・。花被片の付け根の模様もいろいろです。

今日は、萌の早朝散歩を平日と同じ時間に済ませ、近くの山林へ探索に行って来ました。その後、10時半頃から2時間半ほど畑の草取りをしました。もう腕の筋肉が痛い・・。少し遅めの昼食を済ませると、予報通り雨が降って来ました。山歩きも草取りも良いタイミングでした。

バアソブの目覚め

仕事の時は天気が良く、休みの明日は雨予報・・行いが悪いのだろうか?

Ab146

今日は、富士山が見えていました。

裏庭植物園を見回ると・・。

Ab149 Ab151

昨年、実生発芽して花を咲かせたバアソブのエリアに、毛深い芽が出ていました。

Ab272 Ab273

レンズを換えて・・。

雑草に隠れて何株か出ていました。初めて目にする実生二年目のバアソブの姿です。でも、昨年秋に蒔いたバアソブはまだ発芽しておりませんでした。

ところで、ジイソブの苗も毛深いのでしょうか?ご存知の方教えてください。

久能山東照宮②(静岡市)

二週間前の史跡探訪・・続きです。

X063 X065

数十年前に訪れた時は、無料だったと思いますが、ここから上は有料になっていました。右は鳥居上の楼門を振り返った様子です。

X132

鼓楼。派手な色彩ですね。

X120 X123

そして拝殿と本殿へ・・。

X077 X078

立派な拝殿でしょ?彼方此方葵の御紋だらけ・・。

X079 X122

こちらにも・・。

X125

葵の御紋はフタバアオイの葉をデザインしたものだそうです。キュウリの輪切りの方が似ているかな?

X084 X085

獅子と竜。彫刻はもちろん、塗るのにも手間がかかった事でしょう。

X113 X114

拝殿・本殿の先へ進むと・・。

X103

神廟が見えて来ます。

X105

当初は小さな祠だったそうですが、三代将軍家光によって石塔が建てられたと書かれていました。西向きに建っているのは、家康の遺命だったそうです。徳川にとって心配な勢力があったためだそうですが、もしかしたら幕府の終焉となる脅威を予感していたのかも?

蓮華寺池公園の野鳥

藤枝市の蓮華寺池公園で見かけた、野鳥を集めてみました。

Rg344

1613年(慶長18年)に作られた灌漑用のため池を中心とした公園で、藤枝市民の憩いの場となっています。

「花・水・鳥」がテーマだそうですが、その名に相応しい良い公園だと思います。

Rg100

駐車場から降りて、オオバンの群れが目に入りました。

Rg099 Rg092

左はオオバン、右はバンかな?逆光で顔が黒くなってしまいましたwobbly

Rg135 Rg339

カルガモも泳いでいました。

Rg104 Rg343

仙人のような感じのアオサギと、マガモのMIXかな?

Rg130

休養中のオスのマガモ。お尻のカールが可愛い・・。

Rg131

こちらはメスのマガモ。一緒にいたのでたぶん・・。

Rg132 Rg133

仲良く泳いでいる姿は、微笑ましく感じます。

Rg127

飛び回る群れは、ドバトだろうか?

この日はとても暖かく、老若男女で賑わっていました。

ハッカクレン

父親が植えた数株のハッカクレンが、家の彼方此方に勢力拡大しています。実生で簡単に増やせます。

Ha512

目覚めたハッカクレン。このくらいは可愛いのですが、数年後にはとても大きくなります。

Ha509 Ha551

こちらには蕾が確認出来ます。花の臭いがまたたまりません。臭いのなんのって・・。

Ha550

傘が開いたものも・・。葉の角の数からこの名がついたそうですが、これは7角蓮ですね。

(特別出演)

鍋焼きうどんの容器に、小さな双葉が姿を現していました。

Ha555a

ここには、昨年秋山梨県の友から送って頂いたある植物の種を蒔きました。これがその植物の苗なのかは、まだ分かりませんが、沢山の双葉が確認出来ます。

熟した小さな果実は、とても良い香りがしました。上手く育ったら、後日発表したいと思います。

キケマン属

ケシ科(ケマンソウ科)キケマン属の花が咲きだしました。

【ジロボウエンゴサク】

Cj559

咲き始めは、左下⇒右下⇒上のように変化して行きます。

Cj557 Cj560

面白い形の花でしょ?

【ヤマエンゴサク】

Cj431 Cj562

今年最初のヤマエンゴサクの花です。花色は青系もありいろいろです。

Cj563

こうして花を見比べると、ジロボウエンゴサクとの違いが分かりますが、花柄の付け根の葉(苞葉と呼ぶそうです)がギザギザになっているのが特徴です。

エンゴサクの塊茎は、生薬として鎮痛、鎮痙、理血などに効果があるそうです。

【ムラサキケマン】

Cj548

ジロボウエンゴサクと共に、我が家の庭に繁殖しているムラサキケマン。まだ葉が展開し始めたところです。花が咲いたら、撮ってみます。

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑭

クロヤツシロランの実生床は、ますます賑やかになって来ました。

K14_596 K14_581

彼方此方で、根状器官が万歳しています。

K14_581a

網目状の部分は、発芽~成長させる養分が沢山あるんですね。

K14_594

まるで満員電車のようです。

K14_595 K14_579

所々の塊茎に髭のようなものが出ています。ツインズには見当たりませんが、以前はあったのだろうか?これは何の役目をするのでしょう?

K14_585

塊茎が成長するに連れ、根状器官との接合部付近が黒くなって来ます。自生地で、地面から露出していた塊茎には根状器官がありませんでした。あれは休眠中なのでしょうか?両者の離別は何時頃なのでしょう?

今週も慌ただしい一週間の始まりです。作業密度が濃く、息つく暇もありません。週初めから疲れてしまいますsad。困ったものだ・・。

ショウジョウバカマ(藤枝市)

数週間前、「静岡県産希少植物図鑑」を手に入れました。そして、書店には置かれていない貴重な本・・「静岡県の植物」、「静岡県の帰化植物」、「静岡県のムヨウラン類とヤツシロラン類」の3冊を著者の先生のご厚意により、入手する事が出来ました

そこには、私の普段の探索エリア以外の自生地が沢山載っています。これを機会に、県内の探索範囲を広げてみようと思い、時間のある時に少しずつ実行しています。第二東名のお陰で、短時間で移動する事が出来有難いです。

藤枝市某所・・。

As270

こちらでは、これからですが、藤枝市ではヤマザクラが満開でした。

そして、付近の斜面には・・。

As200 As293

ショウジョウバカマが咲いていました!この日、この花に出会えるとは思ってもいませんでした。

As176 As204 As309

良く見ると、かなりな株数です。望遠マクロで・・。

As302 As304

中古マクロで・・。

As306 As182

花茎の短いものもあれば、長いものもあります。

Ast182

トリミングしてみました。

Ast184a

出歩けば、いろいろな植物に出会えます。行って良かった!

この場所には、まだ姿を現しておりませんが出会いたい植物がある事を知りました。次回探索の目標が出来ました。

久能山東照宮①(静岡市)

今日の仕事も、無事終わりました。明日は、持ち帰り仕事を少しして、なんとか休めそうです。

X181

数十年振りに訪れた久能山。老若男女で賑わっていました。隣国の旅行者にも出会いました。

X002

石畳みの参道を上ります。右手には大きなイヌマキの木が・・。参道脇に立ち並ぶ旗には、鎮座400年大祭と書かれていました。

X006 Kn035

参道を少し上ると右手に「久能山徳音院」が見えて来ます。上野寛永寺と所縁があり、平安時代の比叡山の高僧「元三大師」と「慈眼大師」を祀ってあります。慈眼大師は、家康の参謀、天海僧上の事です。

更に石段を上ります。

X152 X153

眼下に見える駿河湾と久能の景色。

X039

石垣イチゴのビニールハウスが見えています。久能海岸は、初めて義父より投網を教わった場所です。ヒラメ、キス等が獲れました。

X041 X048

一の門を潜ると左の「門衛所」が見えて来ます。そして、右手にある博物館の広場には、「勘介井戸」があります。甲斐武田時代の史跡です。

X148

久能山の事に付いて書かれた説明書きを撮ってみました。静岡県民ですが、知らない事ばかり・・もっと勉強しなくては!

テンナンショウ属(久能山)

もう、週末になってしまいました。また今週も休日(土曜)出勤です。辛い・・。

久能山で見つけたテンナンショウ属の記事です。

Lk008 Lk009

我が家の周りでは、まだまだこれからですが、ここではもう葉が展開していました。周囲に見える蔓状の植物は、フウトウカズラです。

Lk014

こちらは、赤い実が房ごとまとまって発芽したようで、20株以上生えていました。

更に参道を上ると・・。

Lk044 Lk045 Lk046

背丈の高いタイプで、仏炎苞が緑色です。アオマムシグサかな?

Lk015

こちらはウラシマソウ・・花序の先端の付属体が釣り糸のようですね。

Lk016

ストロボ発光で撮ってみました。サトイモ科はみんな面白い・・と言うより不気味な花を付けます。

Kn022 Kn024

参道脇では、キジバトが餌を探していました。観光地では、キジバトもドバトと同じように人慣れしています。

さて明日も頑張ろう!

ハタケワサビ

雨の日は、目覚め悪い・・どうしてでしょう?

我が家のミニビオトープがあるエリアに、ワサビを植えてあります。昨年は、虫に食べられ無残な姿でしたが、今年はまだ無事です。

【3月7日】

W197

蕾が見えていました。

W142 W194

醤油漬けにして酒の肴に・・。いや、もう少し伸びてからにしよう!

そして、一週間後・・。

【3月15日】

Wg229 Wg225

花茎が大分伸びて来ました。花の咲いている茎もあります。そろそろ食べ時かな?

Wg224

ハタケワサビ:アブラナ科ワサビ属。畑ワサビと呼びますが、本ワサビを畑で育てた時の呼び名です。

Wh311 Wh314

こちらもアブラナ科。花色は違うけど、花弁の形などが似ていますね。

カンアオイの仲間(富士市)

二週間近く前の写真ですが・・。

G250

我が家より少し標高の高い所にある雑木林です。

G227_2 G237

ここでは、カンアオイの仲間が彼方此方に生えています。

落ち葉を退けてみると・・。

G233

G238

咲いていました!面白い花でしょ?

G249 G252

こちらにも・・。上と花色が違います。

G248

沢山の花を付けた株を発見!これは落ち葉が覆いかぶさっていました。虫に見つからないような状態で咲いているなんて自家受粉するのだろうか?

そういえば、カンアオイの果実ってまだ見た事が無いかも?

帰り道、道路沿いで見馴れない植物を発見!

G269 G271

小さな毛におおわれた葉・・帰化植物のビロードモウズイカでしょうか?

G270

果実殻が残っていました。名前が間違っていたら教えてください。

今夜は雨、明日も天気が悪いようです。最近、雨が多いですね。

久能山の植物(静岡市)

今日は暖かな一日でした。こんな日にのんびり山歩き出来ると良いのですが・・。

平成22年12月、国宝に指定された久能山東照宮(社殿)へ数十年振りに上って来ました。

Kn035 Kn030

山下の鳥居から909段で一ノ門、表参道の石段全体で1,159段あるそうです。段数の割に歩き易い階段です。右は途中で見える駿河湾と大楠です。

Kn012

もうシャガの花が咲いていました。静岡市は暖かい・・。

Kn166 Kn168

石垣に咲いていたこの花は?

Kn028

オダマキのような葉・・ヒメウズでしょうか?

Kn109 Kn179

小さな蕾を付けたイズセンリョウと、赤い実を付けたアリドオシ。神社の境内で良く見る組み合わせです。

Kn177 Kn176

「あれっ、見た事がある!」周智郡森町の小國神社で見つけたツルコウジです。

そして・・。

Kn053

シダの仲間、マツバランが着生していました。これが5ヶ所目の出会いです。

【マツバラン】

マツバラン科マツバラン属。古典園芸植物として江戸時代から栽培されて来たそうです。この場所に相応しい植物ですね。環境省第四次レッドリストで、準絶滅危惧種(NT)に指定されています。

イチヨウラン再び(富士山南麓)

今日は、一日雨降りでした。一日前までの予報と違うような・・。

一週間前の写真ですが、標高600~700mに生えるイチヨウランの観察です。

Fi188

昨年亜高山帯で見た株のように、鹿に食べられる事も無く無事でいました。

Fia206 Fi194

印を付ける訳にもいかないので、行く度GPSで位置確認してしまいます。カメラを地面に置いて横顔を撮ってみました。

Fi193

亜高山帯よりも早く花が見られそうです。

Fi202 Fi192

もう一つの花芽。

Fi204

前回確認し忘れた真ん中の株も見ましたが、こちらには花芽がありませんでした。

無事な成長を願って、秘密の林床を後にしました。

ついでに・・。

Fo184

裏庭植物園のオカメザクラが開花しました。

Fo189

この桜は、御殿場市にある園芸店で数年前に買って来たものです。小さな木でしたが、私の背丈を遥かに超える大きさに育ちました。

オカメザクラは、イギリスの桜研究家が、カンヒザクラとマメザクラを交配して作出したものだそうです。

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑬

一週間はあっという間です。このところ、仕事と雑用に追われてちょっとお疲れ気味・・。

クロヤツシロランの実生床も賑やかになって来ました。

K13_278 K13_293

網目状のエリアでは、根状器官(仮名)がますます伸びて来ました。枯れ木に発生する白っぽいキノコに、アナタケと言うのがあるそうですが、これは何と言う種類だろう?

K13_274 K13_292

ツインズは、あまり大きな変化はありませんが、今のところ順調そうです。

K13_290

K13_291

塊茎の先端部が首を上げて来ました。ここが花芽になるのだろうか?

K13_287 K13_289

後発組も頑張っています。

そして、アキザキヤツシロランを蒔いたエリアでは・・。

K13_296 K13_313

見難い写真で恐縮ですが、クリックすると横幅1,100ピクセルになります。

左:①にはプロトコームらしきものが見えます。ここは白い菌糸とこげ茶の菌糸束(山姥の髪の毛)らしきものが交差しています。②は菌糸の枝が種子に伸びています。

右:①②とも、種子の中央部が飴色に変わり、少し膨らんで来たように見えます。

ところで、上のクロヤツシロランの実生床の様子を見ると、スギやヒノキの林内に落ちている白い菌糸の付いた部材なら、何でも簡単に発芽して成長して行くような錯覚に捉われます。でも、この容器と違う林で見つけた部材では、まだ発芽が見られません。気難し屋のアキザキだけでなく、クロヤツシロランも好みの菌糸があるようです。

ノウルシ(沼津市)

そろそろ、ノウルシが黄色く染まり始める頃だと思い、帰宅途中の田園地帯に寄ってみました。

Un112

この辺りでは、一番多く生えているのがここ。黄緑色に見えるのは、みんなノウルシです。マクロレンズなので、広範囲に写せませんでした。

Un065

今迄気付かなかった沼・・大雨の時だけ出現する幻の沼かな?

Un048

少し離れた所にも・・。

Un070 Un051

接写してみました。日が長くなったとはいえ、夕方では照度不足で上手く撮れません。

Un055

鮮黄色に見えるのは総苞葉(花序全体の基部を包む苞)。花の周りには、総苞葉に包まれた蕾が三つずつ見えています。

Un059 Un061

隣同士でも葉色に違いがあります。芽出しの頃は、右のように赤っぽい色をしています。

ちょっと変わった葉のノウルシを発見!

Un082 Un075

左はラシャ葉。右は丸葉。

Un088

丸葉を接写(ストロボ発光)。どうも、これは野焼きの障害のようです。

Un123

こちらの杭も、野焼きの被害者です。

周辺を少し歩いてみましたが、初めてここでノウルシを見た時より、彼方此方に増えていると思います。確か、ヒキノカサもあったと思いますので、次回確認してみるつもりです。

オニシバリとミヤマシキミ属(富士山南麓)

今週も土曜は仕事ですweep。ボランティアの草刈りがあったのですが、参加出来ません・・。

オニシバリとミヤマシキミ属・・何の関係があるんだ?どちらもこの季節に葉が緑色で花が咲き、雌雄異株で、赤い実を付け、有毒だそうです。結構共通点があるでしょ?

【オニシバリ】

Ef035 Ef047

こちらはオニシバリ。このように蕾の色が違うものがあります(標高1,000m辺りで)。

Ef049 Ef162

花が咲いていました(標高600m辺りで)。

Ef257

黄緑色の花・・面白いでしょ?

Ef003

こんな肉厚の花もあります。花形の変異を観察するのも面白いですね。

【ミヤマシキミ属】

私はミヤマシキミとツルシキミの区別が良く分かりません。蔓状に這うのがツルシキミだそうですが・・。

Ef158

ヒノキ林に生えていたのはツルシキミ?

Ef156 Ef182

こちらはミヤマシキミかな?雌雄異株だそうです。シキミと名がつきますが、栽培されているシキミ(香花)とは別種です。有毒なのは同じですが・・。

【友情出演】

Ef155

近くで目に入ってきたこの植物は?ヤツデの赤ちゃんだと思いますが如何でしょう?

ドライフラワー(富士山南麓)

今日も寒かった!数日前の暖かさは何処へやら・・。

先週見つけたドライフラワーを集めてみました。

Cm153 Cm166

左はイネ科植物で、右のホップのようなのは、シデの仲間の雌花です。

Cm134

Cm240

小さいけど、この季節は意外と目につくコクサギの実です。

Cm159 Cm213

タマアジサイのドライフラワーも、彼方此方で見る事が出来ます。

Cm211

コウヤボウキも綺麗です。

Cm214 Cm218

こちらにも・・。

Cm256

萼も綺麗!そして・・。

Cm178 Cm210

ムヨウランの果実殻です。

Cm184

この辺りは環境が適しているようで、彼方此方に生えていました。

ヤツシロランの仲間は直ぐ融けてしまうのに、ムヨウランがこうして残っているのはどうしてでしょう?株元を見ると、落ち葉の中に新しい芽が確認出来ます。今年は花を見たいものです。

樹木を脅かすもの(フクロウの森他)

今朝は、霜柱を踏みしめながら萌の散歩をしました。寒い一日でした。

フクロウの森の樹木を脅かしている植物の観察です。

Df022 Df023

この細かい枝は、イワガラミでしょうか?他の枝と比べて遠くからも目に付きました。

Df046

そして、落葉広葉樹林で今頃目にする緑は殆どがこれ・・ツルマサキです。

葉の落ちたこの時期だからこそ目に付く侵略者は・・。

Df110 Df111

ヤドリギです。この辺りでは、黄色い実とオレンジ色の実を付けるタイプを見る事が出来ます。左は、葉を何者かに食べられたのでしょうか?

Df108

この木には、3株寄生していました。

ところで・・。

Df1125 Df1125t

昨年、周智郡森町で見つけたこの植物・・ヒノキバヤドリギ」という半寄生植物だそうです。私はここでしか見た事がありません。

私にとって未知の植物が、他県はもちろん静岡県内にもまだまだ沢山あります。

フクロウの森(林床の植物)

昨日までの暖かさに比べ、今日は寒い一日でした。体調を崩してしまいます。

日曜日に行った富士山麓・・フクロウの森で、林床の植物を観察してみました。

Bf015

フクロウの森は、私が勝手に付けた名前です。三度ほどフクロウを見かけましたので・・。ここは、出会う人も無く、のんびり歩けるので気に入っています。

Bf037 Bf039

これはヤマエンゴサクの葉です。

Bf031

Bf132

これは四角の黄色い花が咲く、コガネネコノメです。この林には、沢山生えています。

Bf071 Bf028

左は、ヨゴレネコノメかイワボタンだと思います。右は、セントウソウかな?

Bf027

左は良く見るけど名前が分かりません。アキギリの仲間かな?右はアザミの葉です。

Bf032

これはイチリンソウの赤ちゃん?

Bf040

フユノハナワラビの仲間のようです。

この他にも、トウゴクサバノオも姿を現していましたが、写真はピンボケしてしまいましたcoldsweats01。もう一月もすれば、いろいろな花を見る事が出来ると思います。楽しみ!

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑫

昨晩、クロヤツシロランの様子を掲載出来ませんでしたので、時間指定で本日アップします。

K12_007

菌糸の先端部が開き、花が咲いたようになって来ました。

K12_001 K12_010

これも見方によっては綺麗です。そして、気温の上昇に伴い、彼方此方で活発な成長が見られます。

K12_005

自生地の林床では、種子が飛散するためこんな状態になる事は無いのかも?

K12_015 K12_003

左は、気になっている色違いの個体。緑色っぽい・・少し葉緑素を持っていたりして・・。

K12_008

K12_009

期待の星のツインズは、委縮せず順調そうです。山野で見る開花株の塊茎は、もっと大きい・・はたして花芽を持つのだろうか?

アキザキヤツシロランの実生床は、大きな変化がありませんでしたので、今回は未掲載です。

バイケイソウの目覚め(富士山南麓)

昨晩また雨が降り、今朝は霧がかかっていました。早起きしてして、いつもと同じ時間に萌の散歩をしました。朝食を食べ、表に出ると・・。

Af001

富士山が見えていました!

そうだ、バイケイソウの様子を見に行こう!と言う事で、フクロウの森(標高1,000m辺りの林)へ向かいました。

Af011

目的地に近付くと、富士山は雲隠れしそうでした。まぁ、雨が降らなければ良いや・・。早速、林内を探索すると・・。

Af122 Af100

目覚めていました!左は雪か雨で根が露出していました。

Af097

まだ目覚めた株は、数えるほどしかありませんでした。それでもなんか嬉しい!

Af098

私にとって、富士山麓の春はバイケイソウの目覚めから始まります。

もう一月も経てば・・。

Af085

このように葉が展開して来て、寂しかった林床を賑わしてくれる事でしょう。

今日は午前中山歩き、午後は畑の草取りをしました。暫らくぶりなので彼方此方痛い・・。

春蘭開花

そろそろ、シュンランの花が咲く頃です。

休日出勤が続き、なかなか山歩き出来ませんが、萌の散歩道でもシュンランを見る事が出来ます。

雑木林に入ると・・。

Oka123 Ok125

咲いていました!俯き加減に咲くので、花芯が捉えられません。

Ok033

こちらは、夜に撮った写真です。蜜を求めて蟻が集っていました。

Ok031

上のシュンランと花の感じが違うでしょ?良く観察すると、花色や花弁に変異があって面白いです。

動物たちの春も・・。

Ok036 Ok120

左はムベの中に作ったハトの巣です。もう巣立ったようで、空になっていました。右は、芽や葉を鹿に食べられたアオキです。また家の近くにやって来たようで、困りものです。

さて明日は休み!天気が良いと嬉しいけど・・。

真田城跡(周智郡森町)

今日は予定外の仕事で、朝からアタフタしました。でも、無事終わって良かった・・。

少し前の事になりますが、周智郡森町の小國神社へ行く途中、気になる名称が目に入り帰りに寄ってみました。

P288 P291

「真田城跡」・・あの真田と関係があるのだろうか?この所在地が、周智郡森町一宮字真田だそうです。左の橋を渡り、右側に向かって歩くと竹林の中を上る道があります。

P289

説明書きをトリミングしてみました。ここには三種類の名称が書かれています。真田城、真田山城、一の宮城・・タイトルは真田城としました。

P299 P298

竹林を抜けると、右手に川原石がまとまってありました。石積みでもあったのだろうか?右はサカキです。

P295

そして、春野辺りでも良く見かけるソヨゴです。

更に汗をかきながら上ると・・。

P307

石の祠と、そこをとり囲むお坊様が見えて来ました。

P306 P308

この祠には、扉部が無い・・。入口の説明書きからすると、ここが山城の主郭で、スギの木はお供え物の置き台だったようです。

P310 P311

これが物見台との間の谷かな?時間の都合もあり、物見台探索は断念しました。

P297 P334_2

今頃花を咲かせるアセビも生えていました。右は帰りに気付いた表示です。「ときのは村」・・Web検索すると、HPがありました。

P335

道路から見た山城の様子です。説明書きが無ければ、立ち寄る事はありませんでした。ちょっぴり、戦国時代に思いを馳せる事が出来ました。

夜梅と夜桜

今日は長い打ち合わせでした。人のペースでする仕事は疲れますwobbly

帰宅後、自宅植物園の梅と桜を撮ってみました。

Yz008

我が家のシンボルツリーの一つ、八重枝垂れ梅が咲き始めました。

Yza005 Yza007

枯れ枝などを剪定したかったのですが、間に合いませんでした。

Yza017 Yz016

こちらは、もう少し薄い色の花を咲かせる枝垂れ梅と、普通の白梅です。白梅の剪定も手抜きしたため余計な枝が多いです。

Yz018

淡いピンクの花が咲く枝垂れ梅。

Yzs021

白梅は、花も散り始めていました。

Yz015

一番遅く咲くのは豊後です。

Yz007

こちらは早咲きの桜・・河津桜だと思っています。

Yz005 Yz004

葉の出た枝もあります。

Yza018

中には、枯れてしまったものもありますが、父親が植えた植物はこうして毎年花を咲かせてくれます。

週末は休めるだろうか?明日になってみないと分かりませんsad。因果な商売です。

甲斐犬「竜」の命日

今日は、暖かでしたが、風の強い一日でした。

R1017

山間の我が家に河津桜の花が咲く頃、先代甲斐犬「竜」が旅立ちました。歳月の経つのは早いもので、もう9年になります。

R1ryu_02

我が家にやって来て間もない頃です。本当に可愛かった・・。

R1img004_1 R1img012

竜は甲斐犬としては大きな方でした。左は若い頃、右は晩年の写真です。デジカメ写真は、パソコンの故障で消えてしまいました。これは、アナログ写真をスキャナーで取り込んだものです。

R1ryu_o2s R2ryu_o2s

画家「Photoshop」に描いてもらいました。竜は赤虎毛で、顔にも虎の模様がありました。

従順さと激しさを併せ持った甲斐犬でした。そして、旅立つ間際まで「一代一主」を貫いてくれました。今日は、仕事の都合で帰宅が遅くなってしまいましたので、週末になったらお墓参りに行こうと思っています。

自宅植物園の様子

今日も、一日中図面描きでした。そろそろ飽きて来ました。でも代わってくれる人がいないから仕方ありませんweep

週末に、山歩き出来ませんでしたので、自宅植物園の植物達を撮ってみました。

Os058

チューリップの葉が出て来ました。毎年、植替えしてやろうと思いつつ、そのままになっています。

Os046 Os044

左はコルチカム・・花と葉を一緒に見る事の出来ない植物です。我が家では地植えにしてあります。右は、ヒマラヤユキノシタです。これも丈夫な植物です。

Os054

ツルニチニチソウ・・花は綺麗ですが、蔓が彼方此方伸びて困りものです。

Os023 Os012

すっかり葉が伸びたフクジュソウです。右上の花弁は先端部が尖っています。フクジュソウは花弁の枚数や形に変異の多い植物です。紫色の頭を出しているのは、クロッカスです。

Os013

この植物も古参です。でも、あまり増えてくれない・・。

Os237 Os029

左は、森の石松のお墓のある大洞院で撮ったマンサクです。右は我が家のマンサク・・シナマンサクだと思っています。

Os029t

変わった花をトリミングしてみました。花弁は4枚、萼片も4枚、雄しべは4本。

散歩道の植物

昨日の朝、萌の散歩道で見つけた植物を撮ってみました。途中、雨が降り始めたため、早々に退散しましたweep

Os050

この葉は、ムラサキケマン・・家の周りにも沢山生えています。

そして、近くの雑木林では・・。

Os035 Os010

シュンランの蕾が膨らんで来ました。

Os040

開花も間近なようです。

Os033 Os007

裏の畑で栽培されているシキミの花も咲きだしました。右は、カヤツリグサ科スゲ属のようですが、名前が分かりませんcoldsweats01

Os008

近づいてみると、案外綺麗でしょ?

Os014

こちらは、ジゴクノカマノフタ・・キランソウです。ピンクの花もあるそうです。

昨日は雨だったのに、今日は良い天気でした。週末毎に雨を降らせて、神様は意地悪ですね。

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑪-2

実生栽培実験容器内の記録です。

【真竹に生える菌糸】

K11_036

アキザキヤツシロラン用にと思い、準備した部材です。アキザキヤツシロランを、少し蒔いてありますが、水をスプレーしたら下へ流れ落ち、姿が見えません。菌糸が合っていたらその内姿を現すかもしれません。

この勢い、クロヤツシロランを蒔きたい衝動にかられますが、もう少し我慢してみるつもりです。

K11_038 K11_039

真竹に生える菌糸は、スギの部材に生える菌糸と姿が違います。

【スギの球果に生えるもの】

K11_069 K11_075

キノコの菌糸は、スギの球果が好みのようです。

K11_043 K11_051 K11_054

スギの部材に蒔いたアキザキヤツシロランの種子は、目立った変化がありません。まだ融けずに姿が残っているので、このまま様子見です。

今日、加温用のパネルヒーターを一枚買って来ました。ホームセンターの爬虫類コーナーにあるので、苦手な蛇を見てしまいましたsad

K11_067 K11_077

球果から出て来たスギの赤ちゃんです。

そして、もう一つ・・。

K11_056 K11_079

傘の直径が1mmくらいのキノコが出ていました。良く見ると、傘や茎に毛が生えています。大きさが違いますが、スギエダダケの特徴とも似ています。ただ、スギエダダケは傘は白く、茎が黄色褐ですが・・。

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑪-1

今日は、予報通り朝から雨でした。まだ降り続いています。休みの時は降らないでほしい!

前回記事から一週間後の、クロヤツシロランの様子です。あまり大きな変化はありませんが、少しずつ成長しています。

K11_012

ストロボ依存度が高いと、見た目より茶色に写ってしまいますcoldsweats01。LED照明でも準備してみようかな・・。

K11_002 K11_027

この密集した所でも、みんな根状器官(仮名)が伸び、他と同じように成長している所が不思議です。白く伸びる菌糸より、網目状のエリアは沢山の養分を持っているのだろうか?白い菌糸は、時間が経つと茶色くなり姿を消して行きます。根状器官(仮名)に養分を吸い取られて枯れて行くように・・。

K11_030

この勢いは、ずっと続くのだろうか?

K11_014

こちらは、成長が停滞気味のスギの球果エリアです。

K11_011 K11_018

ツインズの塊茎は、また少し長くなりました。良く見ると、白アリの赤ちゃんみたいな奴がうろついていました。除去しなくては!

K11_016

今のところ、この塊茎が一番先に次の変化を見せてくれそうですが・・。

K11_023

ところで、このプロトコームは色が違う。写真だと分かり難いのですが、肉眼で見ると直ぐ目に付きます。

K11_024

菌糸の白い部分が少なくなって来ました。私にとって、未知の実生実験は不安と期待の連続です。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »