他のブログ・HP

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 遠州の野生ラン①(周智郡森町) | トップページ | 鎮守の森の植物①(小國神社) »

遠州の野生ラン②(周智郡森町)

今日も一日、図面描きで目が痛い!その上、寒い現場事務所で、屋外の方が暖かいくらいでした。

遠州で出会った野生ランの続きです。植物観察以外の目的で、足を踏み入れた林内で出会いました。

Oe310 Oe296

この辺りは、何処でもウラジロやコシダが目に付きます。

Oe304 Oe305

これは、富士市の林内でも比較的目にするコクランです。

Oe293 Oe292

こちらはシュンランです。良く見ると蕾が付いていました。そして、更に上って行くと・・。

Oe313 Oe315

左は新葉、右はその下に生えていました。

Oe314_2 Oe301

シュンランのようですが、いつも見るのより、ずっと葉が長い!そして、ムヨウラン属の果実を発見!

Oe328 Oe330

注意深く探すと、彼方此方に生えており、かなりな株数が確認出来ました。

ムヨウランは、無葉緑植物(腐生ラン)の一種です。クロヤツシロランやアキザキヤツシロランの果実殻は晩秋に腐ってしまいますが、ムヨウラン属は、この季節でも残っています。そして、その株元には新しい花芽が出来ているのです。このムヨウラン属がどんな花を咲かせるのか、見たいと思っています。

森町では、初めて自生のシランを見ました。探索意欲をくすぐる場所だと思います。そして、第二東名の開通で一時間以上時間短縮が出来るようになりました。今後は、春野、水窪等の北遠にも足を伸ばしてみたいと思っています。あ~ぁ、もっと休みが欲しい!

« 遠州の野生ラン①(周智郡森町) | トップページ | 鎮守の森の植物①(小國神社) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61190549

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州の野生ラン②(周智郡森町):

« 遠州の野生ラン①(周智郡森町) | トップページ | 鎮守の森の植物①(小國神社) »