他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑨-1 | トップページ | 川散策 »

クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑨-2

②では、菌糸の様子とアキザキヤツシロランの種の様子を撮ってみました。

K9_209

実生床は賑やかです。

K9_185

白い菌糸の後ろには、下から伸びて来た根状器官(仮名)が見えています。長い!

K9_178 K9_225

菌糸の姿もいろいろ・・。

K9_225t

接写してみました。見方によっては綺麗です。

そして、クロヤツシロランの実生床に蒔いたアキザキヤツシロランの種は・・。

K9_238 K9_211

少し膨らみ始めているのかな?まだ良く分かりません。

今日は、静岡県のヤツシロラン類の調査論文を書かれた先生と、電話でお話しさせて頂く機会を得ました。私は素人なので、論文を拝見しても分からない事ばかりです。でも、その分布や植生の調査表などを見ると、ご苦労の一端を垣間見る事が出来ます。私の知る自生地以外の様子を知る事は、この先の観察や実生栽培の手助けにもなってくれると思います。

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑨-1 | トップページ | 川散策 »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

自由人さん、お早うございます。
竹の部材に蒔いたアキザキヤツシロランは、同じく変化がありません。
こちらは、種を散らし蒔きしたので個々を探すのがたいへんです。
菌糸は活発になって来ましたので、このまま経過観察です。
クロヤツシロランも菌糸も、勝手気ままに成長している感じです。
後から伸びてきた根状器官が一番大きくなったり・・。
普通の植物と違って予想できないところが面白いです。

こんばんは、遠く離れていても菌糸の形状は同じ様です。つまり同じ共生菌だとは誰も同定出来ませんが、共生菌候補位にはなってるのかな位ですね。こんな菌糸のきのこはなんでしょうね。きのこも菌糸も馬鹿にできませんね。こんな事ばかりだとお得意さん逃げてしまいますね~(笑)。綺麗な菌糸大活躍中で~す!。歳とらない事は確かです、はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/61143233

この記事へのトラックバック一覧です: クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑨-2:

« クロヤツシロラン実生栽培への挑戦⑨-1 | トップページ | 川散策 »