他のブログ・HP

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« 海辺を歩く④(ツワブキとアシタバ) | トップページ | クレマチスの花など(前庭植物園) »

ドライフラワー

Wikipediaによると、「自然の花、葉、茎、果実等を乾燥させて、装飾等に使う物をドライフラワーと呼ぶ」とあります。

そこで、家の周りのドライフラワーを集めて見ました。

M036

ホトトギスの果実殻です。何処からかやって来て、裏庭植物園の住人になりました。

M058 M056

こちらもホトトギスですが、タイワンホトトギスです。果実の付き方がちょっと違いますね。

M043_2 M044

アジサイのドライフラワー。装飾花の脈がレースのようです。

M041

これは、ほろ酔いのスイフヨウではなく、ただのフヨウの果実です。いつも沢山生ります。

M040 M051

右は、我が家に侵入して数年経ったシュロソウの果実です。今年初めて茶色の花が咲きました。

M060

ちょっと前にも登場したアシタバの果実。また沢山の子孫を残してくれそうです。

M070 M071

ヤマユリの果実殻と葉のドライフラワー。

M045

ギボウシの黒い種が見えています。平たい種が重なり合っています。

M068 M064

こちらはイタドリの種です。遠くへ飛散するように、翼が付いています。

今日は一日中ExcelとWordを使っていました。目が疲れてたまりませんwobbly

« 海辺を歩く④(ツワブキとアシタバ) | トップページ | クレマチスの花など(前庭植物園) »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

おばさん、今晩は。
ドライフラワーの季節も、いろいろ見て歩くと楽しいです。
林道で良く見るタマアジサイは、丈夫なドライフラワーになっています。

良いわhappy01
ドライフラワー
本当に作られたと思いきや
自然体がよろしいようですねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60795849

この記事へのトラックバック一覧です: ドライフラワー:

« 海辺を歩く④(ツワブキとアシタバ) | トップページ | クレマチスの花など(前庭植物園) »