他のブログ・HP

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ニホンズイセン | トップページ | 鎮守の森の植物観察 »

カンアオイ属いろいろ

選挙速報ばかりなので、ビデオでも見ようと思って部屋に戻ったら、転寝(うたたね)をしてしまいましたcoldsweats01

カンアオイはいろいろな種類があり、図鑑を見てもその区別は難しいです。葉の斑はもちろん、花形(構造)にも微妙な違いがあるようです。

Ka113

我が家の近くで良く見られるタイプです。場所によって斑の感じもいろいろです。

Ka115 Ka150

左は萌の散歩道で、右は神社の境内で撮りました。山渓図鑑では、オトメアオイに似ていますが・・。

Ka207 Ka204

こちらは、亀甲斑と言えばいいのかな?綺麗な斑ですね。山渓図鑑では、カントウカンアオイの写真に似ています。

ここまでは富士市内で、次は静岡市で見つけたタイプです。

Ka1

こちらは、静岡市内の神社境内に生えていました。

Ka3 Ka2

上と似ていますが、こちらは霧点の様な斑が目立ちます。

Ka4 Ka5

こちらは、静岡市内のヒノキ林で見つけました。

諸先輩や専門家さんのWebページ等を見ていると、私には区別の難しい植物だと分かりました。

« ニホンズイセン | トップページ | 鎮守の森の植物観察 »

植物観察」カテゴリの記事

コメント

雪ん子さん、今晩は。
図鑑を見ていても似たものが多くて良く分かりません。
この周辺では、カントウカンアオイやオトメアオイが主のようですが、山渓図鑑やWeb図鑑でも食い違っているものが多くて悩みます。
専門家さんのページによると、かなり奥深い植物のようで、簡単には区別出来ないようです。
みんなカンアオイ属という事で・・。

カンアオイは本当に種類が多くて・・・
50種以上あるそうで・・・中々むずかしいですね。
妙高周辺には3種類しかないのでわかりやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60811188

この記事へのトラックバック一覧です: カンアオイ属いろいろ:

« ニホンズイセン | トップページ | 鎮守の森の植物観察 »