他のブログ・HP

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

検索サイト

無料ブログはココログ

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | 浮島ヶ原自然公園の植物(9月末) »

ツチアケビ(愛鷹山系)

渓谷遡行で、意外な植物と出会いました。

※ジンジソウとダイモンジソウを続けて見られるように、記事を入れ替えました。

T041

視界に入ると、ハッとするような物体です。ツチアケビの果実・・この渓では初めての出会いです。

T031 T033 T415

左から、カメラとセット販売の望遠マクロ、同左ストロボ発光、そしてマクロレンズで撮影。

最近、もっと倍率の高い望遠マクロが一番かな?なんて思うようになりました。

T036 T410

アケビというよりミニバナナかな?

T038

ツチアケビは、腐生ランの一種です。

T412t Timg_3496

何ものかに齧られたような痕がありました。右は、果実を切った写真です。小さな種が見えますね。

一般的にランの仲間は、莢が弾けて粉のような種が飛散します。ところが、このツチアケビやキバナノショウキラン等は、果肉の中に種を宿しています。虫などが食べて、種を運ぶそうです。

キバナノショウキランは、食べられた痕を良く見かけますが、ツチアケビは今迄あまり見かけませんでした。この食べ痕、キバナノショウキランを食べたのと同じ生き物だろうか?

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | 浮島ヶ原自然公園の植物(9月末) »

植物観察」カテゴリの記事

腐生植物」カテゴリの記事

野生蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551112/60468303

この記事へのトラックバック一覧です: ツチアケビ(愛鷹山系):

« ダイモンジソウ(愛鷹山系) | トップページ | 浮島ヶ原自然公園の植物(9月末) »