2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ヒメミヤマウズラ(富士山) | トップページ | 富士山自然誌研究会合同フィールドワーク »

2014年9月20日 (土)

ホンゴウソウ(富士市)

今年の腐生植物観察も、もう少し経つと咲き始めるクロヤツシロランとアキザキヤツシロランを見て終わりかと思っていました。

ところが・・。

Hdsc04374

ヒナノシャクジョウソウの、その後の様子を見に行って、見慣れない植物を発見しました。邪魔な枯れ枝を退けたところです。

Hdsc04346 Hdsc04376

「もしかしたらこれは、ホンゴウソウではないだろうか?」とっても小さくて、老眼には優しくない植物です。

Hdsc04373 Hdsc04364

こちらにもありました。金平糖か野イチゴの果実のようなものが見えます。

H109

マクロレンズでも撮ってみました。ストロボ発光だと、この小さな植物は上手く写りませんので「手持ち夜景モード」で・・。今の私の腕では、これが精一杯です。

H113

後ろの枝が邪魔なので取り除きました。後ろに見えるヒノキの葉と比べて見てください。この小さな植物に出会わせてくれた山の神様に感謝です。

【ホンゴウソウ】

ホンゴウソウ科ホンゴウソウ属。多年生の腐生植物。環境省第四次レッドリストで絶滅危惧種Ⅱ類(VU)に指定されています。

« ヒメミヤマウズラ(富士山) | トップページ | 富士山自然誌研究会合同フィールドワーク »

腐生植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンゴウソウ(富士市):

« ヒメミヤマウズラ(富士山) | トップページ | 富士山自然誌研究会合同フィールドワーク »